看護理工学会

学会の活動

更新日 2019年7月10日

学会活動としては、主に、

  • 学術集会(年1回秋季を予定.2019年のみ6月に生体医工学会との合同開催.)
  • 看護理工学会誌(年2回発行予定)
  • ニュースレター(年数回発行予定)
  • 看護研究者と理工学研究者のマッチングセミナー
  • 看護・工学研究者と企業のマッチングサロン
  • 次世代委員会(旧称:若手ワーキンググループ)によるワークショップ
  • 学術委員会のもとアドホックワーキンググループによる指針策定
 等を行っております。

ニュースレター3号

  • 発行日
    2019年7月1日(月)
  • ニュースレター3号 URL
  • 発行者
    広報委員会
    森 武俊(東京大学),浅野 美礼(筑波大学),野口 博史(東京大学)
  • 主な内容
    次世代委員会(旧:将来構想委員会若手WG)からの報告
    第7回看護理工学会学術集会 特集
    次回学術集会(大会長:長倉先生・日時・開催地)など各種案内

第7回学術集会

  • 会期
    2019年6月6日(木)~8日(土)
  • 会場
    沖縄コンベンションセンター
  • 会長
    川口 孝泰 教授
    東京情報大学
  • 学術集会URL
  • 研究奨励賞
    第7回看護理工学会学術集会はすべての一般演題がポスター演題で全74件でした.多数の審査員の審査の結果,下記の4件が「研究奨励賞」として選定されました.
    • A08 「静電容量センサによる点滴等自己抜去防止システムの開発」
        演者: 雨宮 歩( 千葉大学)
    • A24 「産科混合病棟における看護職の滞在場所と滞在時間」
        演者: 齋藤 いずみ (神戸大学)
    • B12 「顔面の浮腫検知を行う手法の開発」
        演者: 高橋 道明 (東京情報大学)
    • B17 「デジタル画像処理によるスキン・テア重症度の自動推定」
        演者: 長田 拓朗 (東京大学)

第2回ものづくり体験シリーズ:ものづくりアイデア説明会

  • 概要
    次世代委員会は,看護と理工学の連携推進のための企画として「ものづくり体験シリーズ」を実施しています.その中のワークショップでは看護師や看護学研究者より,臨床の課題についての話題提供をいただき,参加者が連携して課題解決のためのアイデアを検討し,簡単なプロトタイプを作成します.本企画では第2回ものづくり体験シリーズワークショップで提案されたアイデアを紹介します.なお,本説明会に参加した企業は,説明会で提案されたアイデアについて,アイデア提供者と連携して事業化・実用化に向けた取り組みを行うことも可能です.
  • 日時
    2019年6月7日(金) 17:00-18:25 (第7回学術集会 学会企画I)
  • 会場
    沖縄コンベンションセンター B7会場
  • 申込
    不要です(当日会場にて受付いたします).
  • 問い合わせ先

ものづくり体験シリーズ:第2回合宿形式ワークショップ

  • 概要
    看護と工学が一緒にものづくりのプロセスを経験する1泊2日型ワークショップを開催いたします。2日間、看護と工学双方で少人数のチームを作り、実践の現場で求められているものづくりを構想する過程を学びます。過去のワークショップにご参加されていない方々でも、しっかり学べる内容にしておりますので、ご興味のある方は奮ってご参加ください。
  • 日時
    2019年4月27日(土)・28日(日): 1泊2日
  • 会場
    リソル生命の森 (〒297-0201 千葉県長生郡長柄町上野521-4)
  • 参加費
    会 員 一般20,000円、学生15,000円
    非会員 一般25,000円、学生20,000円
    3. 賛助会員 40,000円 最大2名(1名でも4万円)、2万円/1名で追加可能、アイディア説明会前に実用化の検討可。個人でも参加可能、ただし特典なし)
    ※宿泊代(相部屋)・食事代を含みます。一度入金された後の返金は出来ません。
      ※支払い方法は、お申し込み後、後日、事務局よりご連絡いたします。
      ※現場見学は会員に限ります。
      ※ワークショップ申込時と同時に学会へ入会される場合は会員扱いとします。
    入会申し込みについては学会ホームページをご確認下さい(http://nse.umin.jp/)
  • 申込
    しめ切りました(4/10).
  • 問い合わせ先