看護理工学会

The Society for Nursing Science and Engineering

看護理工学会誌 10巻

原 著

  • (英文論文)Verification of the feeling of heat and stuffiness in a medical full wig using each material inner cap: A randomized crossover trial
    (素材別インナーキャップを使用した医療用ウィッグの暑熱感の検証:クロスオーバー比較試験)
    日本語抄録 Engish Abstract
    素材別インナーキャップを使用した医療用ウィッグの暑熱感の検証:クロスオーバー比較試験
    松村 彩 1 雨宮 歩 1
    1. 千葉大学大学院看護学研究科

    医療用ウィッグは,がん化学療法により脱毛を呈した患者の生活に必要なものである.しかし,ウィッグ装着時の暑さや蒸れが原因で装着を中断せざるをえないケースも少なくない.本研究は,健常者20名を対象にウィッグ着用時に使用するインナーキャップの素材をガーゼとドライ素材(吸水速乾素材)の2種類を用いてクロスオーバー比較試験を行い,暑熱感を軽減できるか検証した.日本の真夏の温度,湿度に設定した人工気象室で,ウィッグ内の発汗量,温度,相対湿度を各素材30分間ずつ測定し,実験前後でサーモグラフィーを用いて体温を測定した.発汗量の多かった2名の被験者では,ガーゼよりもドライ素材のほうが発汗量は少なかったものの,インナーキャップの素材によるウィッグ内の温湿度,対象者の暑熱感に明らかな違いはみられなかった.よって,今後はウィッグ本体で暑熱感を軽減できるよう開発をしていく必要がある.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      がん化学療法で脱毛した患者は医療用ウィッグが必要となるが,着用時の暑さと蒸れがQOLを低下させる.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      今回の結果は,将来的に医療用ウィッグの改良を検討する際の一助となる可能性がある.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      暑熱感が少なく,着用を継続するうえで負担の少ないウィッグ本体の開発も検討が必要である.
    ウィッグ,インナーキャップ,アピアランスケア,暑熱感,暑さと蒸れ
    Verification of the feeling of heat and stuffiness in a medical full wig using each material inner cap: A randomized crossover trial
    Aya Matsumura 1 Ayumi Amemiya 1
    1. Graduate School of Nursing, Chiba University

    For patients who experience hair loss due to cancer chemotherapy, wigs are a necessary part of life. However, many patients are forced to stop wearing wigs because of the heat and stuffiness felt while wearing them. In this study, we compared and verified the ability of two inner cap materials used when wearing wigs, gauze or dry material (micro-polyester material that excels in the diffusion and evaporation of sweat), to reduce heat and stuffiness. A crossover comparison experiment was conducted in 20 healthy subjects. Each inner cap material was evaluated for 30 minutes in an environment experiment chamber set at temperature and humidity levels of midsummer in Japan. The amount of sweat, temperature, and relative humidity in the wigs were measured, and the participant’s body temperature was obtained using thermography. In the two subjects who sweated more, the amount of sweat was less with the dry material than with the gauze. However, there was no difference clearly in the temperature and humidity inside the wig and the subject’s feeling of heat and stuffiness due to the material of the inner cap. Therefore, it is necessary to develop a wig that can reduce the feeling of heat and stuffiness.

    wig, inner cap, appearance care, heat and stuffiness, feeling heat and stuffy
  • 妊婦体験ジャケット装着前後の靴下を履く動作の変化と代償動作
    -動画像と姿勢推定アルゴリズムを用いた検討-
    日本語抄録 Engish Abstract
    妊婦体験ジャケット装着前後の靴下を履く動作の変化と代償動作
    -動画像と姿勢推定アルゴリズムを用いた検討-
    野田 真優子 1 齋藤 いずみ 2 和泉 慎太郎 3
    1. 神戸大学大学院保健学研究科博士前期課程
    2. 神戸大学大学院保健学研究科
    3. 神戸大学大学院システム情報学研究科

    妊娠の経過に伴い腹部は増大し,妊婦の日常生活動作は変化していくと考えられる.妊娠後期の妊婦の体型変化を妊婦ジャケットで再現し,妊婦ジャケット装着前後の動作パターンの変化を明らかにし,妊婦への保健指導に対して有用な示唆を得ることを目的とした.17名の女性を対象にジャケット装着前後に端座位で靴下を履く動作を実施してもらい,記録した動画像から動作の特徴的変化を観察・評価した.姿勢推定アルゴリズムにて関節位置を推定し3次元の座標情報を抽出した.関節角度を算出し主成分分析にて動作パターンの傾向を分析した.端座位の場合,装着前は大腿を正中面に平行に引き寄せて靴下を履く者が8名(47.0%)と多く,装着後は股関節を外転・外旋しあぐら様に引き寄せる者が9名(52.9%)と多かった.代償動作として股関節を外転・外旋しあぐら様に引き寄せる(開排位)動作を認め,股関節のストレッチや靴下着用自助具の活用を取り入れる必要性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      腹部が増大することは,日常生活動作に大きな影響を与える.そのため妊娠時は非妊娠時に比してさまざまな場面で日常生活動作の変化が生じると考えられますが,妊婦の動作時の負担感や不便さは表面化しにくいことから本研究を行いました.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      今後,本研究で明らかになった動作パターンを課題動作とし,腹圧のかかり方などを定量的に調査することによって,妊婦の負担を軽減する動作を明らかにできると期待されます.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      靴下着脱のような複合動作を学習するためのサンプルを集めて,機械学習を用いた骨格認識の精度の改良を行う必要があります.
    妊婦体験ジャケット,靴下着用動作,姿勢推定,主成分分析
    Changes in sock-wearing behavior and compensatory movements before and after wearing a materinty-simulation jacket
    -Study using video images and pose estimation algorithms-
    Mayuko Noda 1 Izumi Saito 2 Shintaro Izumi 3
    1. Kobe University Graduate School of Health Science Master’s course
    2. Kobe University Graduate School of Health Science
    3. Kobe University Graduate School of System Informatics

    As pregnancy progresses, the abdomen increases and pregnant women’s daily activities are expected to change. This study aimed to reproduce the changes in the body shape of pregnant females in third trimester using a maternity-simulation jacket, clarify the changes in movement patterns before and after wearing the jacket, and obtain useful suggestions for health guidance in pregnancy. Seventeen females were asked to put on socks in the sitting position before and after wearing the jacket; the characteristic changes in their movement were observed and evaluated from the recorded video images. Joint positions were estimated using a pose estimation algorithm, and three-dimensional coordinate information was extracted. Joint angles were calculated, and trends in movement patterns were analyzed using principal component analysis. In the end-occupant position, 8 (47.0%) wore socks with their thighs parallel to the mid-plane before wearing the device, and 9 (52.9%) wore socks with their hip joints in abduction and external rotation after wearing the device. The results suggest the necessity of using hip stretching and a sock-wearing self-help device.

    maternity-simuration jacket, sock-wearing behavior, pose estimation, principal component analysis
  • Influence of head-of-bed elevation on the measurement of inferior vena cava size using a pocket-sized ultrasound device in healthy male volunteers
    (携帯型エコーによる健常成人男性の下大静脈径にヘッドアップが及ぼす影響)
    日本語抄録 Engish Abstract
    携帯型エコーによる健常成人男性の下大静脈径にヘッドアップが及ぼす影響
    木森 佳子 1 青木 駿之介 2 立田 寛明 3 臺 美佐子 4
    1. 石川県立看護大学基礎看護学講座
    2. 日本赤十字社諏訪赤十字病院看護部
    3. 国立病院機構医王病院看護部
    4. 藤田医科大学研究推進本部社会実装看護創成研究センター

    超音波検査では仰臥位で下大静脈(IVC)を観察するが,訪問看護ではヘッドアップして観察する必要もある.本研究では,体位の影響を受けるIVCを適切に計測,評価するため,健常成人男性10名のIVCに対し,ヘッドアップ後のIVC径の変化が,①いつ起こり,②ヘッドアップの角度で相違するかを明らかにした.仰臥位からヘッドアップ後10分まで1分ごとに携帯型エコーで計測した最大IVC径は,ヘッドアップ後1分で急大し,その後は比較的安定することが分かった.つぎに仰臥位,ヘッドアップ角度30°,45°,60°,75°でIVC径を計測し,ヘッドアップ75°と仰臥位では,ヘッドアップ75°の最大IVC径と最小IVC径が拡大した.ヘッドアップ75°と30°ではヘッドアップ75°の最大IVC径が拡大した.呼吸性変動率は仰臥位以外50%未満だった.ヘッドアップでIVCを観察する場合,ヘッドアップ後1分以上で観察し,IVCが拡大している場合は,疾患の増悪等だけでなくヘッドアップによる影響を受けている可能性がある.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      右房圧のマーカーである下大静脈径は仰臥位でエコー計測するが,訪問看護ではヘッドアップして計測する必要もある.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      下大静脈径は血圧値のように体位の影響を受ける.ヘッドアップによる影響は,訪問看護や外来で患者がヘッドアップしていた場合のエコー計測のアセスメントに貢献しうる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      本研究の計測手法を用いて,坐位による影響や臨床の患者での評価研究を行う.
    下大静脈,携帯型エコー,ヘッドアップ,アセスメント
    Influence of head-of-bed elevation on the measurement of inferior vena cava size using a pocket-sized ultrasound device in healthy male volunteers
    Keiko Kimori 1 Syunnosuke Aoki 2 Hiroaki Tatsuta 3 Misako Dai 4
    1. Department of Fundamental Nursing, Ishikawa Prefectural Nursing University
    2. Nursing Department, Japanese Red Cross Suwa Hospital
    3. Nursing Department, National Hospital Organization Iou Hospital
    4. Research Center for Implementation Nursing Science Initiative, Research Promotion Headquarters, Fujita Health University

    During in-home healthcare and outpatient visits, most patients are in a head-of-bed elevated position instead of supine position. Therefore, the inferior vena cava (IVC) with echocardiography must be examined in this position. In this study, we clarified (1) the IVC diameter changes after head-of-bed elevation, and (2) the difference in IVC diameters in differing head-of-bed elevation positions in 10 healthy adult males. First, we examined the diameters of the IVC every minute for 10 minutes after elevation of the head of bed from the supine position using a pocket-sized ultrasound device. The maximum diameter of the IVC increased rapidly for 1 minute after elevation of the head of bed and was stable thereafter. Next, we measured the diameter of the IVC in the supine position and head-of-bed elevation of 30°, 45°, 60°, and 75°. In our results, the maximum IVC diameter has increased significantly at the head-of-bed elevation 75° vs. the supine position. The IVC collapsibility index of all elevations was less than 50%, except in the supine position. Thus, when examining a patient in the head-of-bed elevation position, it is better to wait one minute after the change in position, as the diameter of the IVC will expand.

    inferior vena cava, pocket-sized ultrasound device, head-of-bed elevation, assessment

実践報告

  • 弾性ストッキング装着による経皮的酸素分圧の変化:心臓手術を施行した2症例
    日本語抄録 Engish Abstract
    弾性ストッキング装着による経皮的酸素分圧の変化:心臓手術を施行した2症例
    森脇 裕美 1 上野 高義 1
    1. 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻

    本研究では,心臓の手術を施行し弾性ストッキングを装着した2症例に対し,下肢の圧迫部位の経皮的酸素分圧(以下,TcPO2)を測定し術前後の組織血流状態の変化を明らかにした.対象者1は術前・術後5日目・術後7日目,対象者2は術前・術後6日目に測定し,それぞれ着用前・着用10分後・20分後の値を記録した.結果,心臓の手術を受ける患者は術前から下肢のTcPO2の値が低いことや,術後は弾性ストッキング装着でより圧迫の影響を受けやすい状態であることが明らかになり,回復期の移行時期であっても医療関連機器圧迫創傷(以下,MDRPU)のリスクが高くなっていることが推測された.さらに,術後の体重増加に着目した場合,体重増加が著明な対象者2のほうが,術後の弾性ストッキング装着によるTcPO2の低下が大きく,浮腫により圧迫の影響を受けやすい状態であることが考えられた.弾性ストッキング着用時のMDRPU予防ケアとして,術後の弾性ストッキング装着時は連続した着用時間の短縮の必要性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      大学病院において,弾性ストッキング着用によるMDRPUの発生率は上位を占めています.しかし,臨床の看護師が実施している弾性ストッキングの着脱ケアは個々の判断に委ねられている現状があることから,今回は実際に周術期に弾性ストッキングを着用する術後患者の下肢の皮膚の組織血流状態を検証しました.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      弾性ストッキングの着脱ケアの指標を示していくための基礎データとすることで,MDRPUの予防に貢献できると考えています.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      今後は,周術期を通して弾性ストッキング着用中の経日的な下肢の組織血流状態の検証が課題となっています.そのため,患者への負担が少なくより簡便に組織血流が測定できる装置の開発が望まれます.
    Changes in transcutaneous oxygen pressure associated with the use of elastic compression knee-high socks:Two cases received heart surgery
    Hiromi Moriwaki 1 Takayoshi Ueno 1
    1. Division of Health Sciences, Graduate School of Medicine, Osaka University