看護理工学会

学会誌

更新日 2021年12月27日

看護理工学会誌 J-STAGE (Online ISSN : 2432-6283)

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jnse/-char/ja/

お知らせ

看護理工学会誌9巻を発行しました。(2021/11/30)

J-Stageでのパスワード等の入力が不要になりました。また、どなたでもすぐに論文全文を読めるようになりましたので、論文を投稿される方におかれましても、研究成果の一般公開のタイムラグがなくなりました。これを機に是非ご投稿ください。(2019/1/31)

看護理工学会誌は第6巻より電子版のみ(J-Stage)発刊されます。(2018-09-08)

J-STAGEのデザインが変更されました(2017/11/27)。

看護理工学会誌がJ-STAGEに掲載されるようになりました(2017/8/1)。https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jnseよりご覧ください。最新号は、公開後半年間は会員限定公開です。

投稿について

看護理工学会では、皆様からのご投稿をお待ちしています。

投稿規定等

看護理工学会誌 9巻

原 著

  • (英文論文)Establishment of an infected wound model by bacterial inoculation on wound surface in rats(創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの確立)
    日本語抄録 Engish Abstract
    創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの確立
    北村 言 1 仲上豪二朗 1, 2 峰松健夫 2, 3 國光真生 1, 4 真田弘美 1, 2
    1. 東京大学医学系研究科老年看護学/創傷看護学分野
    2. 東京大学医学系研究科グローバルナーシングリサーチセンター
    3. 東京大学医学系研究科社会連携講座スキンケアサイエンス
    4. 日本学術振興会特別研究員(DC)

    本研究は,創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの作成を目的とした.雄性SDラット(6ヵ月齢)の背部に直径2cmの全層欠損創を作製した.創作製翌日,緑膿菌(PAO1)懸濁液(OD600=1.0)に浸漬し37℃で1.5時間静置培養した滅菌ガーゼを創面に72時間貼付した.対照群には滅菌培地に浸漬したガーゼを創面に貼付した.創作製6日後に創部組織を採取した.感染群では,創作製6日後に,創周囲皮膚に発赤を認めた.細菌ガーゼ塗布前の創面積を1とした相対面積は,対照群にくらべ感染群で有意に大きかった(0.8±0.1 vs 0.6±0.1,p=0.011).ミエロペルオキシダーゼは,対照群にくらべ感染群で多く認められた.免疫組織化学では,感染群で緑膿菌が創部組織内に検出された.以上より,臨床における感染創傷を模したモデルと言える.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      仙骨部や尾骨部に好発する褥瘡では,創部が排泄物で汚染され感染を引き起こすことがある.本研究は,創面への細菌の接触により感染を惹起させたラット創傷感染モデルを確立した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      本研究では,従来の感染モデルで用いられている創部への細菌液の注射や免疫抑制など創傷治癒を阻害しうる方法を用いずに,創面への細菌の接触というシンプルな方法で壊死組織を伴う感染創を作成した.本モデルは,創傷感染に対する治療・ケアの効果の検証に用いることが可能であり,創傷管理の研究に貢献しうる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      本モデルを用いて,新たな創傷ケアやドレッシング材の評価研究を行う.
    細菌,感染,創傷モデル,緑膿菌
    Establishment of an infected wound model by bacterial inoculation on wound surface in rats
    Aya Kitamura 1 Gojiro Nakagami 1, 2 Takeo Minematsu 2, 3 Mao Kunimitsu 1, 4 Hiromi Sanada 1, 2
    1. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Skincare Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    4. Japan Society for the Promotion of Science

    This study aimed to develop a new infected wound model caused by bacterial inoculation on wound surface in rats. A full-thickness wound was created on the dorsal skin of six-month-old male Sprague-Dawley rats. A piece of gauze was incubated with bacterial solution (a wild-type strain of Pseudomonas aeruginosa, OD600=1.0) for 1.5 h prior to application, for 72 h onto the wound surface on post-wounding day 1. A piece of gauze was incubated without bacteria for control group. The wound tissue was collected on post-wounding day 6. Macroscopic observation showed erythema in the periwound skin in the infection group on post-wounding day 6. The relative wound area to the baseline value of the infection group was significantly larger than that of the control group on post-wounding day 6 (0.8±0.1 vs 0.6±0.1, p=0.011). Myeloperoxidase was abundant in the infection group compared with the control group. P. aeruginosa was detected inside the wounds in the infected group via immunohistochemistry. Our new infected wound model can mimic a clinical cutaneous infected wound.

    bacteria, infection, Pseudomonas aeruginosa, wound model
  • (英文論文)An analysis of the locations visited by night shift midwives and the duration spent in each while providing round-the-clock critical care to high-risk mothers in a maternity ward(24時間体制でハイリスクの母体救命救急に対応している産科単独の病棟における夜勤帯助産師の滞在場所と滞在時間の分析)
    日本語抄録 Engish Abstract
    24時間体制でハイリスクの母体救命救急に対応している産科単独の病棟における夜勤帯助産師の滞在場所と滞在時間の分析
    西川 美樹 1 齋藤 いずみ 1 大滝 千文 2 大澤 佳代 3 和泉 慎太郎 4
    1. 神戸大学大学院保健学研究科看護学領域
    2. 神戸大学大学院保健学研究
    3. 神戸常磐大学保健科学部医療検査学科
    4. 神戸大学大学院システム情報学研究科

    日本では,分娩の約8割がほかの診療科が混合する病棟で行われており,分娩と他科死亡患者の看護が重複するといった実態が明らかにされてきた.また,産科単独病棟でもその68.2%がハイリスク化しており出産環境の安全性の低下が危惧されている.よって本研究は24時間体制でハイリスクの母体救命救急に対応している産科単独病棟の看護の実態を可視化することで周産期医療体制の在り方を検討することを目標とした.ビーコンとスマートフォンを活用し,助産師の滞在場所と滞在時間を明らかにした.通常業務以外の突発的な事象が生じると母児の救命に向けて分娩エリアに半数以上の助産師が配置されていたが,「病室」「新生児室」の滞在時間を減らさずにクライアントに必要なケアを提供していた.そこにはチームメンバー間の協働による成果と,調査施設が周産期のケアに専念できる産科単独病棟であったことが関与していたと考えられる.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      24時間体制で母体救命救急に対応している施設の看護の実態を明らかにすることをテーマとしている.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      現在,助産師の人員配置は法的にも明文化されていない.本研究の成果はその基礎データとして貢献できればと考えている.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      研究協力者の負担にならず,かつ患者のプライバシー確保の両側面が遵守される測定方法の検討が必要と考える.
    産科単独病棟,夜勤帯シフト,情報通信機器,タイムスタディ,助産師人員配置
    An analysis of the locations visited by night shift midwives and the duration spent in each while providing round-the-clock critical care to high-risk mothers in a maternity ward
    Miki Nishikawa 1 Izumi Saito 1 Chifumi Otakiu 2 Kayo Osawa 3 Shintaro Izumi 4
    1. Department of Nursing, Kobe University Graduate School of Health Science
    2. Kobe University Graduate School of Health Science
    3. Department of Health Science, Kobe Tokiwa University
    4. Kobe University Graduate School of System Informatics

    In Japan, about 80% deliveries occur in a ward shared by Obstetrics and other departments, and studies have revealed that nurses have overlapping duties in assisting with delivery and caring for dying patients from other departments. Moreover, 68.2% of deliveries in the maternity ward are high risk, so there are concerns about the safety of the delivery environment. Thus, the current study sought to ascertain the realities of care in a maternity ward providing round-the-clock critical care to high-risk mothers. This study also sought to examine the nature of perinatal care. This study used beacons and smartphones to reveal the locations visited by midwives and the duration spent in each. When sudden events occurred, over half of the midwives were assigned to delivery areas to ensure the survival of the mother and infant, and they provided patients with needed care without reducing the duration of time they spent in patient rooms and neonatal rooms. The outcomes of collaboration among members of the care team were associated with the fact that this study was conducted at a facility dedicated to perinatal care.

    maternity ward,night shift,information and communication devices,time and motion study,midwife staffing
  • 訪問看護師が撮影した直腸エコー動画に対するAIによる便貯留評価手法の考案
    日本語抄録 Engish Abstract
    訪問看護師が撮影した直腸エコー動画に対するAIによる便貯留評価手法の考案
    松本 勝 1 石橋 昂大 2 北村 言 3 玉井 奈緒 1, 4 三浦 由佳 1 高橋 聡明 3 東村 志保 3 仲上 豪二朗 3, 4 真田 弘美 3, 4
    1. 東京大学大学院医学系研究科社会連携講座イメージング看護学
    2. 東京大学医学部健康総合科学科
    3. 東京大学大学院医学系研究科老年看護学/創傷看護学分野
    4. 東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター

    訪問看護師が撮影した直腸エコー動画を用いて,既存のArtificial Intelligenceに基づく読影支援アプリケーションによる便貯留評価をより高い精度で行うことのできる手法の考案を目的とした.訪問看護ステーション1施設の診療記録を対象とし,撮影された直腸エコー動画から静止画を出力した.各静止画に対し,エコーのエキスパートによる読影,および直腸便貯留を示す高エコー域を抽出しカラー表示するアプリケーションによる便貯留の有無の判定を行った.前者を正解とし,アプリケーションの判定精度を評価した.アプリケーションの判定で偽陽性であった画像において,直腸以外の便やガスの貯留と区別するために抽出領域の深度が体表面から50mm未満であった画像,さらに,便貯留以外の高エコー域と区別するために長径が14.5mm未満となる抽出領域を除外したところ,感度81.1%,特異度87.8%,正解率83.7であった.アプリケーションの判定精度を高めるための手段として,抽出領域の深度および長径を調整する手法が考案された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      訪問看護では便秘,具体的には大腸便貯留のアセスメントに難渋しており,超音波検査(エコー)による便の可視化が有用である.先行研究より,便秘をアセスメントするうえでは特に直腸の観察が重要であることが明らかになっている.エコーの撮影技術は教育プログラムで解決できるものの,画像の読影のむずかしさに対する解決策は立っていなかったため,今回の研究に着手した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      簡便で迅速・正確な大腸便貯留観察と便秘のアセスメントにつながる.看護師だけでなく将来的には介護職,家族,患者など,誰もが便秘の評価に使えるような技術になることが期待される.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      現時点ではパソコンあるいはスマーフォン上で起動するアプリケーションのため,今回の研究のような機能を搭載した携帯型エコー装置が開発されることが期待される.
    訪問看護,超音波検査(エコー),人工知能,便秘
    Development of AI-based fecal retention assessment method for rectal ultrasonography videos taken by home-visit nurses
    Masaru Matsumoto 1 Kousuke Ishibashi 2 Aya Kitamura 3 Nao Tamai 1,4 Yuka Miura 1 Toshiaki Takahashi 3 Shiho Higashimura 3 Gojiro Nakagami 3,4 Hiromi Sanada 3,4
    1. Department of Imaging Nursing Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. School of Integrated Health Sciences, Faculty of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    4. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

    The purpose of this study was to develop a method for more accurate evaluation of fecal retention by an artificial intelligence interpretation support application that determines and displays in red extraction area the presence of fecal retention for rectal ultrasonographic videos taken by home-visiting nurses. In this study, static images were output from rectal ultrasonographic videos taken from medical records of one home-care nursing station. For each static image, the ultrasound expert and the application judged the presence of fecal retention based on half-moon or crescent-shaped hyperechoic findings as extraction area. This study focused on images that were false-positive results for the application when the ultrasound expert’s answer was correct. Extracted regions with a depth of less than 50 mm and a longitudinal diameter of less than 14.5 mm were excluded to distinguish them from stool and gas retentions outside the rectum. As a result, the sensitivity was 81.1%, specificity 87.8%, and correct rate 83.7%. A method of adjusting the depth and long diameter of the extraction area was developed as a means for improving the judgement accuracy of the application.

    home-visit nursing, ultrasonography, artificial intelligence, constipation
  • 看護学生を対象とした課題遂行時の脳波に及ぼすマインドフルネスの影響:ランダム化比較試験
    日本語抄録 Engish Abstract
    看護学生を対象とした課題遂行時の脳波に及ぼすマインドフルネスの影響:ランダム化比較試験
    藤後 栄一 1, 2 山本 祐輔 2 村松 歩 2 水野(松本)由子 2, 3
    1. 兵庫大学看護学部看護学科
    2. 兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科
    3. 兵庫県立大学大学院情報科学研究科

    本研究では,看護学生を対象にマインドフルネス呼吸法を適用した群と適用していない群に分類し,マインドフルネスの影響を生理学的観点から調べた.被験者(20名)を無作為に2群に分類し,5日間におけるマインドフルネスを適用した群と,適用しなかった群の課題遂行時の脳波を測定した.解析箇所は両群のタスク間のθ波,α波,β波とし,各周波数帯域のパワースペクトル値含有量を比較した.その結果,マインドフルネスによって,課題遂行中にリラクゼーション効果があること,課題遂行後も注意力を維持することが示唆された.マインドフルネス群の被験者全員が実験期間の5日間継続してマインドフルネスを実践することで,リラクゼーション効果が持続し,緊張が緩和された状況でマインドフルネスを行わない場合でも,リラクゼーション効果が持続した.これらのことから,マインドフルネスは課題遂行やリラクゼーションに有用であることが示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      テーマは看護学生のメンタルヘルス改善であり,看護基礎教育の教育課程の過密がきっかけである.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      学習面・精神面のつまずきに対する予防や看護学に対するストレスの軽減に貢献できる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      マインドフルネスを誰でも活用できるようにするためのプログラム開発と普及啓発が必要となる.
    看護学生,課題遂行,ランダム化比較試験,マインドフルネス,脳波
    Effects of mindfulness on EEG during task performance among nursing students: A randomized controlled trial
    Eiichi Togo 1,2 Yusuke Yamamoto 2 Ayumi Muramatsu 2 Yuko Mizuno-Matsumoto 2,3
    1. Department of Nursing, Faculty of Nursing, Hyogo University
    2. Graduate School of Applied Informatics, University of Hyogo
    3. Graduate School of Information Science, University of Hyogo

    In this study, nursing students were classified into two groups and the effects of mindfulness were investigated from a physiological perspective. The subjects (20 people) were randomly divided into two groups, and EEG was measured during the task in the group that applied mindfulness and the group that did not apply mindfulness during 5 days. The analysis points were theta, alpha, and beta waves during the task in both groups, and the power spectrum values of each frequency band were compared. The results suggested that mindfulness had a relaxation effect during the task and maintained attention after the task was completed. All the subjects in the mindfulness group practiced mindfulness continuously for five days during the experimental period, and the relaxation effect was sustained even when they did not practice mindfulness in a situation of reduced tension. These results suggest that mindfulness is useful for task performance and relaxation.

    nursing students, task performance, randomized controlled trial, mindfulness, EEG

速 報

  • (英文論文)Relationship between Lyapunov exponent of heart rate variability, blood pressure and autonomic nervous indices(心拍変動のリアプノフ指数と血圧および自律神経指標との関係)
    日本語抄録 Engish Abstract
    心拍変動のリアプノフ指数と血圧および自律神経指標との関係
    浅野 美礼 1
    1. 筑波大学医学医療系

    30歳未満の健康な若年者と65歳以上の健康な高齢者に安静状態から起立してもらい,そのときの心電図と血圧を1kHzで測定した.心電図R-R間隔(RRI)をリサンプリングした関数よりリアプノフ指数を計算し,またアトラクターを描画して心拍変動の特徴の把握を試みた.その結果,リアプノフ指数については若年者より高齢者のほうが低かった.また,両方の年齢層で,RRIと血圧が低下するとリアプノフ指数が低下した.ただし,リアプノフ指数はRRI,血圧,既知の自律神経指標のいずれとも有意な相関がみられなかった.描画されたアトラクターについては,単純な三項間漸化式で記述される線形モデルを設定し,心拍変動の揺らぎが自己の直近2点の履歴によって決まるものと解釈した.心拍変動から得られるリアプノフ指数は,血圧や自律神経活動とは独立した,遠隔看護にも活用可能な循環動態の指標になりうると考えられた.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      短時間の心拍変動のモニタリングから有用な指標が得られないかと考えて発想した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      心電図モニタリングから刻々と変化する循環動態やストレスの変調をとらえられるようになると期待している.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      ウェアラブルデバイスでの活用に向け,脈波からR-R間隔を精密に推定できる技術が必要である.
    心電図,アトラクター,遠隔看護,高齢者
    Relationship between Lyapunov exponent of heart rate variability, blood pressure and autonomic nervous indices
    Yoshihiro Asano 1
    1. Faculty of Medicine, University of Tsukuba

    In this study, the Lyapunov exponent (LE) of heart rate variability (HRV) is investigated for feasibility as an index of hemodynamics. In a previous study, we calculated the HRV and evaluated blood pressure fluctuations via the autonomic nervous activity during standing. Herein, we examine the LE of HRV using resampled electrocardiogram (ECG) R-R interval (RRI) data. ECG and blood pressure measurements were obtained from healthy young (<30 years) and older (〓65 years) subjects during rest-to-stand motion experiments. The LE calculated from HRV measurements were lower in older participants than young participants. In both age groups, the LE decreased when the RRI and blood pressure decreased. However, the LE was not significantly correlated with either the RRI or blood pressure. Further, the LE was not significantly correlated with the indices of autonomic nervous system activity. Thus, the LE could be used as an independent index to monitor fluctuations in circulatory dynamics. We believe that this preliminary work will be of use in developing medical applications using the LE for telemedicine and home nursing.

    electrocardiogram, attractor, telenursing, gerontology