看護理工学会

学会誌

更新日 2022年04月28日

看護理工学会誌 J-STAGE (Online ISSN : 2432-6283)

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jnse/-char/ja/

お知らせ

看護理工学会誌では新たに迅速査読制度の運用を開始しました。
学生会員の学位取得や、日本学術振興会の特別研究員への応募を支援するために、投稿を受理してからおおむね2週間以内に査読結果を通知いたします。また、迅速査読の申し込みに当たり、追加料金は発生しません。
なお、詳細は2021年9月26日改定の投稿規定をご覧ください。

看護理工学会誌9巻を発行しました。(2022/02/28)

J-Stageでのパスワード等の入力が不要になりました。また、どなたでもすぐに論文全文を読めるようになりましたので、論文を投稿される方におかれましても、研究成果の一般公開のタイムラグがなくなりました。これを機に是非ご投稿ください。(2019/1/31)

看護理工学会誌は第6巻より電子版のみ(J-Stage)発刊されます。(2018-09-08)

投稿について

看護理工学会では、皆様からのご投稿をお待ちしています。

投稿規定等

看護理工学会誌 9巻

原 著

  • (英文論文)Establishment of an infected wound model by bacterial inoculation on wound surface in rats(創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの確立)
    日本語抄録 Engish Abstract
    創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの確立
    北村 言 1 仲上豪二朗 1, 2 峰松健夫 2, 3 國光真生 1, 4 真田弘美 1, 2
    1. 東京大学医学系研究科老年看護学/創傷看護学分野
    2. 東京大学医学系研究科グローバルナーシングリサーチセンター
    3. 東京大学医学系研究科社会連携講座スキンケアサイエンス
    4. 日本学術振興会特別研究員(DC)

    本研究は,創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの作成を目的とした.雄性SDラット(6ヵ月齢)の背部に直径2cmの全層欠損創を作製した.創作製翌日,緑膿菌(PAO1)懸濁液(OD600=1.0)に浸漬し37℃で1.5時間静置培養した滅菌ガーゼを創面に72時間貼付した.対照群には滅菌培地に浸漬したガーゼを創面に貼付した.創作製6日後に創部組織を採取した.感染群では,創作製6日後に,創周囲皮膚に発赤を認めた.細菌ガーゼ塗布前の創面積を1とした相対面積は,対照群にくらべ感染群で有意に大きかった(0.8±0.1 vs 0.6±0.1,p=0.011).ミエロペルオキシダーゼは,対照群にくらべ感染群で多く認められた.免疫組織化学では,感染群で緑膿菌が創部組織内に検出された.以上より,臨床における感染創傷を模したモデルと言える.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      仙骨部や尾骨部に好発する褥瘡では,創部が排泄物で汚染され感染を引き起こすことがある.本研究は,創面への細菌の接触により感染を惹起させたラット創傷感染モデルを確立した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      本研究では,従来の感染モデルで用いられている創部への細菌液の注射や免疫抑制など創傷治癒を阻害しうる方法を用いずに,創面への細菌の接触というシンプルな方法で壊死組織を伴う感染創を作成した.本モデルは,創傷感染に対する治療・ケアの効果の検証に用いることが可能であり,創傷管理の研究に貢献しうる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      本モデルを用いて,新たな創傷ケアやドレッシング材の評価研究を行う.
    細菌,感染,創傷モデル,緑膿菌
    Establishment of an infected wound model by bacterial inoculation on wound surface in rats
    Aya Kitamura 1 Gojiro Nakagami 1, 2 Takeo Minematsu 2, 3 Mao Kunimitsu 1, 4 Hiromi Sanada 1, 2
    1. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Skincare Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    4. Japan Society for the Promotion of Science

    This study aimed to develop a new infected wound model caused by bacterial inoculation on wound surface in rats. A full-thickness wound was created on the dorsal skin of six-month-old male Sprague-Dawley rats. A piece of gauze was incubated with bacterial solution (a wild-type strain of Pseudomonas aeruginosa, OD600=1.0) for 1.5 h prior to application, for 72 h onto the wound surface on post-wounding day 1. A piece of gauze was incubated without bacteria for control group. The wound tissue was collected on post-wounding day 6. Macroscopic observation showed erythema in the periwound skin in the infection group on post-wounding day 6. The relative wound area to the baseline value of the infection group was significantly larger than that of the control group on post-wounding day 6 (0.8±0.1 vs 0.6±0.1, p=0.011). Myeloperoxidase was abundant in the infection group compared with the control group. P. aeruginosa was detected inside the wounds in the infected group via immunohistochemistry. Our new infected wound model can mimic a clinical cutaneous infected wound.

    bacteria, infection, Pseudomonas aeruginosa, wound model
  • (英文論文)An analysis of the locations visited by night shift midwives and the duration spent in each while providing round-the-clock critical care to high-risk mothers in a maternity ward(24時間体制でハイリスクの母体救命救急に対応している産科単独の病棟における夜勤帯助産師の滞在場所と滞在時間の分析)
    日本語抄録 Engish Abstract
    24時間体制でハイリスクの母体救命救急に対応している産科単独の病棟における夜勤帯助産師の滞在場所と滞在時間の分析
    西川 美樹 1 齋藤 いずみ 1 大滝 千文 2 大澤 佳代 3 和泉 慎太郎 4
    1. 神戸大学大学院保健学研究科看護学領域
    2. 神戸大学大学院保健学研究
    3. 神戸常磐大学保健科学部医療検査学科
    4. 神戸大学大学院システム情報学研究科

    日本では,分娩の約8割がほかの診療科が混合する病棟で行われており,分娩と他科死亡患者の看護が重複するといった実態が明らかにされてきた.また,産科単独病棟でもその68.2%がハイリスク化しており出産環境の安全性の低下が危惧されている.よって本研究は24時間体制でハイリスクの母体救命救急に対応している産科単独病棟の看護の実態を可視化することで周産期医療体制の在り方を検討することを目標とした.ビーコンとスマートフォンを活用し,助産師の滞在場所と滞在時間を明らかにした.通常業務以外の突発的な事象が生じると母児の救命に向けて分娩エリアに半数以上の助産師が配置されていたが,「病室」「新生児室」の滞在時間を減らさずにクライアントに必要なケアを提供していた.そこにはチームメンバー間の協働による成果と,調査施設が周産期のケアに専念できる産科単独病棟であったことが関与していたと考えられる.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      24時間体制で母体救命救急に対応している施設の看護の実態を明らかにすることをテーマとしている.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      現在,助産師の人員配置は法的にも明文化されていない.本研究の成果はその基礎データとして貢献できればと考えている.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      研究協力者の負担にならず,かつ患者のプライバシー確保の両側面が遵守される測定方法の検討が必要と考える.
    産科単独病棟,夜勤帯シフト,情報通信機器,タイムスタディ,助産師人員配置
    An analysis of the locations visited by night shift midwives and the duration spent in each while providing round-the-clock critical care to high-risk mothers in a maternity ward
    Miki Nishikawa 1 Izumi Saito 1 Chifumi Otakiu 2 Kayo Osawa 3 Shintaro Izumi 4
    1. Department of Nursing, Kobe University Graduate School of Health Science
    2. Kobe University Graduate School of Health Science
    3. Department of Health Science, Kobe Tokiwa University
    4. Kobe University Graduate School of System Informatics

    In Japan, about 80% deliveries occur in a ward shared by Obstetrics and other departments, and studies have revealed that nurses have overlapping duties in assisting with delivery and caring for dying patients from other departments. Moreover, 68.2% of deliveries in the maternity ward are high risk, so there are concerns about the safety of the delivery environment. Thus, the current study sought to ascertain the realities of care in a maternity ward providing round-the-clock critical care to high-risk mothers. This study also sought to examine the nature of perinatal care. This study used beacons and smartphones to reveal the locations visited by midwives and the duration spent in each. When sudden events occurred, over half of the midwives were assigned to delivery areas to ensure the survival of the mother and infant, and they provided patients with needed care without reducing the duration of time they spent in patient rooms and neonatal rooms. The outcomes of collaboration among members of the care team were associated with the fact that this study was conducted at a facility dedicated to perinatal care.

    maternity ward,night shift,information and communication devices,time and motion study,midwife staffing
  • 訪問看護師が撮影した直腸エコー動画に対するAIによる便貯留評価手法の考案
    日本語抄録 Engish Abstract
    訪問看護師が撮影した直腸エコー動画に対するAIによる便貯留評価手法の考案
    松本 勝 1 石橋 昂大 2 北村 言 3 玉井 奈緒 1, 4 三浦 由佳 1 高橋 聡明 3 東村 志保 3 仲上 豪二朗 3, 4 真田 弘美 3, 4
    1. 東京大学大学院医学系研究科社会連携講座イメージング看護学
    2. 東京大学医学部健康総合科学科
    3. 東京大学大学院医学系研究科老年看護学/創傷看護学分野
    4. 東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター

    訪問看護師が撮影した直腸エコー動画を用いて,既存のArtificial Intelligenceに基づく読影支援アプリケーションによる便貯留評価をより高い精度で行うことのできる手法の考案を目的とした.訪問看護ステーション1施設の診療記録を対象とし,撮影された直腸エコー動画から静止画を出力した.各静止画に対し,エコーのエキスパートによる読影,および直腸便貯留を示す高エコー域を抽出しカラー表示するアプリケーションによる便貯留の有無の判定を行った.前者を正解とし,アプリケーションの判定精度を評価した.アプリケーションの判定で偽陽性であった画像において,直腸以外の便やガスの貯留と区別するために抽出領域の深度が体表面から50mm未満であった画像,さらに,便貯留以外の高エコー域と区別するために長径が14.5mm未満となる抽出領域を除外したところ,感度81.1%,特異度87.8%,正解率83.7であった.アプリケーションの判定精度を高めるための手段として,抽出領域の深度および長径を調整する手法が考案された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      訪問看護では便秘,具体的には大腸便貯留のアセスメントに難渋しており,超音波検査(エコー)による便の可視化が有用である.先行研究より,便秘をアセスメントするうえでは特に直腸の観察が重要であることが明らかになっている.エコーの撮影技術は教育プログラムで解決できるものの,画像の読影のむずかしさに対する解決策は立っていなかったため,今回の研究に着手した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      簡便で迅速・正確な大腸便貯留観察と便秘のアセスメントにつながる.看護師だけでなく将来的には介護職,家族,患者など,誰もが便秘の評価に使えるような技術になることが期待される.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      現時点ではパソコンあるいはスマーフォン上で起動するアプリケーションのため,今回の研究のような機能を搭載した携帯型エコー装置が開発されることが期待される.
    訪問看護,超音波検査(エコー),人工知能,便秘
    Development of AI-based fecal retention assessment method for rectal ultrasonography videos taken by home-visit nurses
    Masaru Matsumoto 1 Kousuke Ishibashi 2 Aya Kitamura 3 Nao Tamai 1,4 Yuka Miura 1 Toshiaki Takahashi 3 Shiho Higashimura 3 Gojiro Nakagami 3,4 Hiromi Sanada 3,4
    1. Department of Imaging Nursing Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. School of Integrated Health Sciences, Faculty of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    4. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

    The purpose of this study was to develop a method for more accurate evaluation of fecal retention by an artificial intelligence interpretation support application that determines and displays in red extraction area the presence of fecal retention for rectal ultrasonographic videos taken by home-visiting nurses. In this study, static images were output from rectal ultrasonographic videos taken from medical records of one home-care nursing station. For each static image, the ultrasound expert and the application judged the presence of fecal retention based on half-moon or crescent-shaped hyperechoic findings as extraction area. This study focused on images that were false-positive results for the application when the ultrasound expert’s answer was correct. Extracted regions with a depth of less than 50 mm and a longitudinal diameter of less than 14.5 mm were excluded to distinguish them from stool and gas retentions outside the rectum. As a result, the sensitivity was 81.1%, specificity 87.8%, and correct rate 83.7%. A method of adjusting the depth and long diameter of the extraction area was developed as a means for improving the judgement accuracy of the application.

    home-visit nursing, ultrasonography, artificial intelligence, constipation
  • 看護学生を対象とした課題遂行時の脳波に及ぼすマインドフルネスの影響:ランダム化比較試験
    日本語抄録 Engish Abstract
    看護学生を対象とした課題遂行時の脳波に及ぼすマインドフルネスの影響:ランダム化比較試験
    藤後 栄一 1, 2 山本 祐輔 2 村松 歩 2 水野(松本)由子 2, 3
    1. 兵庫大学看護学部看護学科
    2. 兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科
    3. 兵庫県立大学大学院情報科学研究科

    本研究では,看護学生を対象にマインドフルネス呼吸法を適用した群と適用していない群に分類し,マインドフルネスの影響を生理学的観点から調べた.被験者(20名)を無作為に2群に分類し,5日間におけるマインドフルネスを適用した群と,適用しなかった群の課題遂行時の脳波を測定した.解析箇所は両群のタスク間のθ波,α波,β波とし,各周波数帯域のパワースペクトル値含有量を比較した.その結果,マインドフルネスによって,課題遂行中にリラクゼーション効果があること,課題遂行後も注意力を維持することが示唆された.マインドフルネス群の被験者全員が実験期間の5日間継続してマインドフルネスを実践することで,リラクゼーション効果が持続し,緊張が緩和された状況でマインドフルネスを行わない場合でも,リラクゼーション効果が持続した.これらのことから,マインドフルネスは課題遂行やリラクゼーションに有用であることが示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      テーマは看護学生のメンタルヘルス改善であり,看護基礎教育の教育課程の過密がきっかけである.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      学習面・精神面のつまずきに対する予防や看護学に対するストレスの軽減に貢献できる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      マインドフルネスを誰でも活用できるようにするためのプログラム開発と普及啓発が必要となる.
    看護学生,課題遂行,ランダム化比較試験,マインドフルネス,脳波
    Effects of mindfulness on EEG during task performance among nursing students: A randomized controlled trial
    Eiichi Togo 1,2 Yusuke Yamamoto 2 Ayumi Muramatsu 2 Yuko Mizuno-Matsumoto 2,3
    1. Department of Nursing, Faculty of Nursing, Hyogo University
    2. Graduate School of Applied Informatics, University of Hyogo
    3. Graduate School of Information Science, University of Hyogo

    In this study, nursing students were classified into two groups and the effects of mindfulness were investigated from a physiological perspective. The subjects (20 people) were randomly divided into two groups, and EEG was measured during the task in the group that applied mindfulness and the group that did not apply mindfulness during 5 days. The analysis points were theta, alpha, and beta waves during the task in both groups, and the power spectrum values of each frequency band were compared. The results suggested that mindfulness had a relaxation effect during the task and maintained attention after the task was completed. All the subjects in the mindfulness group practiced mindfulness continuously for five days during the experimental period, and the relaxation effect was sustained even when they did not practice mindfulness in a situation of reduced tension. These results suggest that mindfulness is useful for task performance and relaxation.

    nursing students, task performance, randomized controlled trial, mindfulness, EEG
  • 看護師によるマスク換気時のヘッドバンド使用が換気量およびマスクフィット圧力分布に与える影響
    日本語抄録 Engish Abstract
    看護師によるマスク換気時のヘッドバンド使用が換気量およびマスクフィット圧力分布に与える影響
    -気道シミュレータを用いたクロスオーバー試験-
    大澤 翔 福田 真佑 赤瀬 智子
    1. 横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻周麻酔期看護学分野

    看護師によるマスク換気にヘッドバンド(HB)を使用することの有効性を,換気量とマスクフィット圧力分布に着目し検証することを目的とした.看護師40名を対象としてクロスオーバー法で調査を行った.対象者は気道シミュレータに従来用いられているE-Cクランプ法(親指と人差し指でマスクを保持し残りの指で下顎を挙上する方法,以下C法)と,C法に加えてHBを使用する方法(以下H法)でのマスクフィットを行った.換気量に加え,圧力測定シートを用いてマスクフィットの圧力分布を測定した.結果,換気量はH法のほうが有意に増加した.圧力値は,鼻部,右頬部,右口角部,左口角部でH法が有意に高く,加圧面積は顎部以外のすべての部位でH法が有意に高かった.さらに,C法とH法の最大換気量の差には右口角部の加圧面積の差が最も影響していた.これらのことから,看護師によるマスク換気にHBを使用することで,E-Cクランプ法よりも右口角部がカバーされ,換気量が増加する可能性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      院内急変などの緊急処置時に看護師が行う呼吸管理技術としてマスク換気があるが,マスク換気を行う際に適切なマスクフィットが行えないことによるエアリークが問題となる.  研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 周麻酔期看護師として麻酔管理に携わるなかで,効果的にマスクフィットが行えなかった経験が本研究を行うきっかけとなった. テーマは看護学生のメンタルヘルス改善であり,看護基礎教育の教育課程の過密がきっかけである.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      看護師による適確なマスク換気技術のための基礎的資料となる.将来的には安全かつ効果的なマスク換気技術実施のためのデバイス開発に繋げたい.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      マスクフィットの圧力分布を時間軸に沿って測定できる機器が必要である.これにより,より簡便かつ適切なマスクフィットを補助できるヘッドバンドの発展形を提案したい.
    マスク換気,看護師,ヘッドバンド,マスクフィット,圧力分布
    Effects of a headband on mask ventilation volume and mask fit pressure distribution: A randomized crossover trial
    Sho Osawa Mayu Fukuda Tomoko Akase
    1. Department of Perianesthesia Nursing, Graduate School of Medicine, Yokohama City University

    The aim of this study was to examine the effectiveness of headband (HB) usage for nurses to mask ventilation. This study was a randomized crossover trial focusing on ventilation volume and mask fit pressure distribution. Forty nurses participated in this study. Subjects performed a mask fit using the C method (E-C usage method only) and H method (E-C usage method with HB) on the airway simulator. In addition to the ventilation volume, we measured the mask’s pressure distribution using a pressure measurement sheet. Ventilation volume was significantly higher with the H method than the C method. Pressure was significantly higher on the nose, right cheek and both corners of the mouth with the H method. Furthermore, the pressurized area was significantly higher at all sites except the jaw using the H method. The difference in maximum ventilation volumes between the C and H methods was most affected by the difference in the pressurized area at the right corner of the mouth. These results suggested that nurses’ HB use for mask ventilation could increase ventilation volume by covering a mask fit ventilation on the right corner of the mouth compared with the E-C method.

    mask ventilation, nurse, headband, mask fit, pressure distribution
  • 微酸性電解水の1週間反復噴霧がヒト皮膚に与える影響
    −二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験−
    日本語抄録 Engish Abstract
    微酸性電解水の1週間反復噴霧がヒト皮膚に与える影響
    -二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-
    樋口 幸 1 巻野 雄介 2 田中 佳子 1 大貝 和裕 3
    1. 大分県立看護科学大学看護学部
    2. 日本赤十字豊田看護大学看護学部
    3. 金沢大学医薬保健研究域附属AIホスピタル・マクロシグナルダイナミクス研究開発センター

    2002年に食品添加物として認可された微酸性電解水は,従来の消毒剤の代替として感染防止対策への活用が期待されているが,ヒトの皮膚への影響の検証は十分ではない.本研究では,微酸性電解水をヒトの皮膚に1日1回1週間使用した場合,蒸留水と比較して有害かどうかを検証した.20~50歳台の男女20名を対象に,左右どちらか一方の前腕に微酸性電解水,他方には蒸留水を1日1回噴霧した.介入期間の前後で角質水分量,油分量,経皮水分蒸散量,pH,常在細菌叢の分布,角層バイオマーカーを評価し蒸留水と比較した.その結果,皮膚常在菌数(16SリボソームRNA数)が蒸留水の使用によって有意に減少していたことをのぞき,すべての調査項目において,微酸性電解水は蒸留水と比較して統計的有意差はなく,有害事象も認められなかった.以上から,微酸性電解水はヒトの皮膚への有害性を認めず,安全にヒトの皮膚に噴霧できる可能性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 感染予防のために手洗いと消毒が当たり前に行われるようになったが,手荒れの悪化に悩む声を聞く機会も増えた.そこで,食品の衛生管理に広く使用されている微酸性電解水活用の可能性について検討すべく,ヒト皮膚への影響について検証実験を試みた.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      将来,人体や環境に安心・安全な消毒法の1つとして,感染予防ならびに衛生管理に貢献できる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      使用部位や用途に応じた適正な使用方法や安全性の検証が必要である.
    微酸性電解水,ヒト,皮膚,二重盲検,対照並行群間比較試験
    Effect of repeated spraying of slightly acidic electrolyzed water for one week on human skin: A placebo-controlled,double blind, parallel-group comparative study
    Sachi Higuchi 1 Makino Yusuke 2 Keiko Tanaka 1 Kazuhiro Ogai 3
    1. School of Nursing, Oita University of Nursing and Health Sciences
    2. School of Nursing, Japanese Red Cross Toyota College of Nursing
    3. AI Hospital/Macro Signal Dynamics Research and Development Center, Kanazawa University

    After being permitted as a food additive in 2002, slightly acidic electrolyzed water (SAEW) was expected to be a low-irritant disinfectant. However, its safety when applied on human skin has not yet been confirmed. This study aimed to identify the toxicity of SAEW for human skin. This double-blind, placebo-controlled trial included 20 subjects ranging in age from 20 to 50 years who had normal skin on their forearms at the time of study entry. Two spray bottles, A and B, containing SAEW or distilled water (DW), were distributed to all subjects. The reagents were randomly assigned so that neither the subjects nor the researchers knew which container, A or B, contained the SAEW or DW. The subjects applied a single spray (approx. 2 mL) of A and B to their left and right forearms, respectively, once daily for one week as the intervention period. The subjects were instructed not to touch or rub the sprayed areas of their forearms until the reagent had dried. To assess the resultant skin condition, stratum corneum hydration, sebum secretion, transepidermal water loss, skin pH, resident flora, and multiple biomarker assay of tape-stripped stratum corneum from the site of the forearm where the spray was applied were evaluated before and after the intervention period. The results showed that there were no differences between the skin sprayed with SAEW and DW both before and after the intervention period. In addition, SAEW did not induce any skin irritation. Our findings suggested that SAEW can be safely applied on human skin.

    slightly acidic electrolytic water, human, skin, double-blind, parallel-group comparative study
  • L*a*b*色空間のパラメータに基づく発赤の肉眼的所見に対応した客観的評価尺度の提案
    日本語抄録 Engish Abstract
    L*a*b*色空間のパラメータに基づく発赤の肉眼的所見に対応した客観的評価尺度の提案
    亀田 昌志 1 大﨑 真 2 高橋 亮 3 武田 利明 3
    1. 岩手県立大学ソフトウェア情報学部
    2. 東北文化学園大学医療福祉学部看護学科
    3. 岩手県立大学看護学部

    静脈炎発症後に生じる発赤の変化については,看護師らにより主観的に評価されるのが通常であり,これは肉眼的所見と呼ばれている.このとき,発赤に対する唯一の評価である肉眼的所見で正しい結果を得るためには,複数人での評価が必要となる.主観的評価における人的負荷を軽減するために,肉眼的所見と同一の評価を行うことができる客観評価尺度が望まれている.本論文では,発赤の時間的変化を伴う撮影画像から抽出した輝度の変化と色の変化を表すL*a*b*色空間のパラメータを用いて,発赤の進行および回復に影響を受けるヒストグラムの形状変化に対応する特徴量を各パラメータの第1四分位数に基づいて定義する.その後,程度の異なる複数の症例を用いることで,定義された特徴量に基づいて,発赤の段階的な変化を判定するための客観的評価尺度を提案する.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 炎症所見の1つである発赤の進行や回復に対しては,現状は主観による評価が行われており,評価者に依存しない定量的な客観評価を行うことが求められているため.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      提案手法により得られる客観評価の結果が,看護の現場で評価を行う際に1つの指標になることに加え,見落としや見誤りなどのヒューマンエラーを防止する効果があると考えられる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      局所的に生じた発赤に対しても適切な評価が行えることと,発赤を評価するだけでなく,潰瘍化を含めてその進行を予測できるような検出機能を追加したいと考えている.
    静脈炎,発赤,肉眼的所見,L*a*b*色空間,ヒストグラム
    Objective assessment measure for inflammatory reactions in infusion phlebitis based on combination of parameters in L*a*b* color space
    Masashi Kameda 1 Makoto Osaki 2 Ryo Takahashi 3 Toshiaki Takeda 3
    1. Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University
    2. Department of Nursing, Faculty of Medical Science and Welfare, Tohoku Bunka Gakuen University
    3. Faculty of Nursing, Iwate Prefectural University

    Generally inflammatory reactions induced by infusion phlebitis are assessed subjectively as a part of nursing care which is known as macroscopic findings. For achieving accurate inference from this method of subjective assessment, multiple checks by multiple persons are needed. In order to reduce the human workload of subjective evaluation, an objective assessment measure for the inflammatory reactions induced by infusion phlebitis is necessary. In this work, the first quartiles of each of the two parameters of the L*a*b* color space that represent the changes in brightness and color respectively, from the captured images of inflammatory reactions over a period of time, are used to define the features corresponding to the amount of shape change of histogram over time representing the progress or recovery of the inflammatory reaction. Next, by using multiple cases of different degrees of inflammatory reaction, an objective assessment measure based on the above definition has been proposed. It is seen in the experimental results that the proposed objective measure can assess the inflammatory reactions correctly in accordance to the results obtained by the subjective assessment.

    infusion phlebitis, inflammatory reaction, subjective assessment, L*a*b* color space, histogram
  • (英文論文)
    Effects of the presence of parturient women on the length of time that nurses and midwives spend in the rooms of other patients during a night shift in a mixed obstetric ward
    (産科混合病棟の夜勤帯における産婦の存在が産婦以外の患者の病室に看護師・助産師が滞在する時間に及ぼす影響
    日本語抄録 Engish Abstract
    産科混合病棟の夜勤帯における産婦の存在が産婦以外の患者の病室に看護師・助産師が滞在する時間に及ぼす影響
    寺岡 歩 1 齋藤 いずみ 2 和泉 慎太郎 3 大滝 千文 2,4 西川 美樹 1 大澤 佳代 5
    1. 神戸大学大学院保健学研究科博士課程後期課程
    2. 神戸大学大学院保健学研究科
    3. 神戸大学大学院システム情報学研究科
    4. 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻
    5. 神戸常盤大学医療検査学科

    産科混合病棟では,人員の少ない夜勤帯に産婦に対応することによって産婦以外の患者に充てる時間が減少しないかという懸念がある.本研究の目的は,産科混合病棟の夜勤帯における産婦の存在が,産婦以外の患者の病室に看護師・助産師が滞在する時間に及ぼす影響を明らかにすることである.無線通信装置を用いて看護師・助産師の滞在場所と滞在時間を測定し,産婦なし7夜勤と産婦あり5夜勤の滞在時間の中央値を比較した.産婦あり群で助産師は分娩エリア滞在時間が有意に増加しており,看護師の滞在時間は有意に産科4床室が増加し休憩エリアが減少していた.産婦以外の患者の病室に滞在する時間は,看護師・助産師ともに産婦の有無で有意な差はなかった.夜勤帯に産婦が存在していても,産婦にかかわる助産師に代わって看護師が褥婦にかかわる協働が行われ,休憩が減少しても看護師・助産師による産婦以外の患者の病室での滞在時間に有意な減少は認められなかった.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      産科を含む複数診療科の患者が入院する病棟での看護師・助産師の動きを明らかにする.
    2. 研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか?
      人員の少ない夜勤帯に産婦への看護と産婦以外の患者への看護が重なると互いの看護時間に影響があるのではないかという懸念.
    3. この研究が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      産科混合病棟の看護を維持するために必要な看護師・助産師の人員配置の資料となる.
    4. 今後どのような技術が必要になるのか?
      連続して長期間,看護師・助産師全員の看護行為と時間を自動で計測できる装置を作る技術.
    産科混合病棟,夜勤帯,位置情報,滞在時間,産婦
    Effects of the presence of parturient women on the length of time that nurses and midwives spend in the rooms of other patients during a night shift in a mixed obstetric ward
    Ayumi Teraoka 1 Izumi Saito 2 Shintaro Izumi 3 Chifumi Otaki 2,4 Miki Nishikawa 1 Kayo Osawa 5
    1. Doctoral Program, Graduate School of Health Sciences, Kobe University
    2. Graduate School of Health Sciences, Kobe University
    3. Graduate School of System Informatics, Kobe University
    4. Department of Human Health Sciences, Graduate School of Medicine, Kyoto University
    5. Department of Medical Laboratory Science, Faculty of Health Sciences, Kobe Tokiwa University

    Due to the small number of staff working night shifts in hospitals, there are concerns about whether the time spent caring for parturient women decreases the availability of care for other patients. This study aimed to investigate how the presence of parturient women influences the length of time that nurses and midwives spend in other patients’ rooms during a night shift in a mixed obstetric ward. The location and length of stay were measured using a wireless communication device, and the median length of stay in the 5-night shifts in the presence of parturient women were compared with that of the 7- night shifts in the absence of parturient women. The results revealed that when parturient women were present in the ward, midwives showed a significant increase in the length of stay in the delivery area, while nurses showed a significant increase in the length of stay in the obstetric 4-bed rooms, and a significant decrease in the rest area. Even when parturient women were present during the night shift in a mixed obstetric ward, a significant reduction was not observed in the length of stay in other patients’ rooms due to the collaboration of nurses and midwives.

    mixed obstetric ward, night shift, location information, length of stay, parturient woman
  • (英文論文)
    Distinction between women with premenstrual syndrome or premenstrual dysphoric disorder and healthy women based on clustering Profile of Mood States 2nd Edition scores in the follicular phase
    (卵胞期における日本語版総合的気分尺度2nd Edition(POMS®2) 得点による類型化を利用した月経前症候群もしくは月経前不快気分障害とnon-PMSの判別)
    日本語抄録 Engish Abstract
    卵胞期における日本語版総合的気分尺度2nd Edition(POMS〓2)得点による類型化を利用した月経前症候群もしくは月経前不快気分障害とnon-PMSの判別
    青木 真希子 1,2 星野 美春 3 鈴木 雅登 4 岡山 久代 5
    1. 神奈川工科大学健康医療科学部
    2. 筑波大学大学院人間総合研究科学研究群
    3. 順天堂大学医学部附属順天堂医院看護部
    4. 兵庫県立大学大学院理学研究科
    5. 筑波大学医学医療系

    多くの成人女性は,月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)を経験する.PMSやPMDDの症状は多岐にわたり,正確な診断はむずかしい.本研究では,Profile of Mood States 2nd Edition短縮版(POMS〓2)を用いて,健常女性とPMSもしくはPMDDの判別を目的とした.対象は,20~22歳の女性(PMDD群3名,PMS群5名,non-PMS群11名)である.POMS〓2の得点に対してWard法によるCluster分析を行った.卵胞期では2つのClusterがみられた.Cluster1に分類された被験者は9人のNon-PMSで構成され,「友好」と「活気-活力」において高得点であった.一方,Cluster2はPMSまたはPMDDを有するすべての被験者と,軽度のPMSの可能性がある2人のNon-PMSで構成された.Cluster1は9名のnon-PMS群,Cluster2はすべてのPMS群とPMDD群から構成された.黄体期でも2つのClusterがみられたが,両Clusterにもnon-PMS群が存在した.以上より卵胞期のPOMS〓2の得点から健常女性とPMSもしくはPMDDの判別の可能性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      多くの女性が抱える月経前症候群(PMS)の正確な診断方法の構築をテーマにしている.PMSの診断方法は主観的評価のみでありむずかしく,正確な診断,適切な対処へ繋げていきたいと考えたのがきっかけである.
    2. この研究が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      本研究により,PMSに悩む女性への診断と対処に繋がり,女性の健康へ寄与することができる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか?
      多岐にわたるPMSの症状を複合評価するためのAI技術.
    PMS,POMS〓2,PMDD,Cluster分析
    Distinction between women with premenstrual syndrome or premenstrual dysphoric disorder and healthy women based on clustering Profile of Mood States 2nd Edition scores in the follicular phase
    Makiko Aoki 1,2 Miharu Hoshino 3 Masato Suzuki 4 Hisayo Okayama 5
    1. Faculty of Health and Medical Sciences, Kanagawa Institute of Technology
    2. Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba
    3. Department of Nursing, Juntendo University Hospital
    4. Graduate School of Science, University of Hyogo
    5. Faculty of Medicine, University of Tsukuba

    Many adult women complain of symptoms of premenstrual syndrome (PMS) and premenstrual dysphoric disorder (PMDD). An accurate distinction between women with PMS or PMDD and healthy women is difficult because their symptoms vary and range from physical to mental symptoms. This study aimed to develop a method for the distinction between subjects with PMDD or PMS and healthy women based on clustering the Profile of Mood States 2nd Edition (POMS〓2) scores. Nineteen adult women aged 20〓22 years (three PMDD subjects, five PMS subjects, 11 non-PMS subjects) were included in this study. The abridged Japanese version of POMS〓2 was administered to the subjects during their follicular and luteal phases. All subjects were clustered based on the scores on the subscales of the POMS〓2 analysed by the ward method. In the follicular phase, the subjects were divided into two clusters. The subjects classified into cluster 1, which consisted of 9 non-PMS, had higher scores in Friendliness and Vigor-Activity. In contrast, cluster 2 consisted of all subjects with PMS or PMDD and two non-PMS women who seem to have mild PMS. A method based on scores of POMS〓2 in the follicular phase has been proposed as a way to distinguish between women with PMS or PMDD and healthy women.

    premenstrual syndrome, POMS〓2, premenstrual dysphoric disorder, cluster analysis
  • 血液透析患者の針穿刺痛軽減用冷却パッドの前腕皮膚冷却効果の検証
    日本語抄録 Engish Abstract
    血液透析患者の針穿刺痛軽減用冷却パッドの前腕皮膚冷却効果の検証
    苗村 潔 1
    1. 東京工科大学医療保健学部臨床工学科

    血液透析患者の身体的ストレスとなっている針穿刺痛を軽減するために,穿刺部位を冷却するパッドを試作し,熱伝導率が皮膚に近いポリエチレン板上と健常成人8名の左前腕上で評価した.冷却パッドは,直径1mm以下の粒状尿素または粉末状尿素をコットンシート袋に入れた.シリンジとリニアアクチュエータを用い,0.5mL/sの一定速度で水を滴下した.冷却効果の個人差を考察するため,冷却パッドを貼付した位置の皮静脈までの皮下組織厚を超音波画像診断装置で測定した.皮膚温25℃以下を穿刺痛軽減の目安として,25℃以下に下がるまでの時間と,25℃以下を持続する時間の平均値を比較した.25℃以下に下がるまでに,粉末状尿素が7s,粒状尿素は17s要した.持続時間は390s以上であった.皮静脈までの皮下組織厚から算出した温度勾配は熱流束と正の相関(r2=0.84)が,初期の皮膚温は25℃以下を持続する時間と負の相関(r2=0.62)が高かった.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      透析看護でバスキュラーアクセスへ穿刺する際に生じる穿刺痛を軽減する方法. 臨床工学科で臨床実習後の学生も研究の必要性を感じていて,ニーズが明確なため.
    2. この研究が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      穿刺痛の軽減は患者および穿刺する看護師,臨床工学技士のストレスを低減することが可能になる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか?
      水と尿素を1つのパッケージに収め,安価に大量生産するための技技術.
    血液透析,冷却,熱流束,超音波画像診断装置
    Evaluation of cooling forearm skin temperature with a cooling pad to reduce pain in the needle insertion for hemodialysis
    Kiyoshi Naemura 1
    1. Department of Clinical Engineering, School of Health Sciences, Tokyo University of Technology

    In order to reduce the pain of needle insertion for hemodialysis patients, a regional cooling pad was designed and evaluated on both a polyethylene plate and the forearms of healthy subjects (n=8). The cooling pad was fabricated with a cotton sheet and urea particles of less than 1 mm in diameter, or urea powder. Water to dissolve the urea in a heat absorption reaction was added at constant rate of 0.5 mL/s using a linear actuator. The subcutaneous tissue thickness of the healthy subjects was measured by echography. The time required to reach a skin temperature of 25 degrees Celsius (t25) and the period during which the skin had a temperature under 25 degrees Celsius (T) were compared. The t25 of the pad with urea particles was 17 seconds, and that of the pad with urea powder was 7 seconds. T was more than 390 seconds. Temperature gradients calculated with subcutaneous tissue thickness showed a positive correlation with heat flux. Initial skin temperature showed a negative correlation with T.

    hemodialysis, cooling, heat flux, echography
  • (英文論文)
    A pilot epidemiological study on chronic dehydration of older adults in home care setting
    (在宅療養高齢者の慢性高張性脱水に関する予備的疫学調査)
    日本語抄録 Engish Abstract
    在宅療養高齢者の慢性高張性脱水に関する予備的疫学調査
    東村 志保 1 玉井 奈緒 1,2 仲上 豪二朗 1,3 戸部 浩美 1 真田 弘美 1,3
    1. 東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター
    2. 東京大学大学院医学系研究科社会連携講座イメージング看護学
    3. 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻老年看護学/創傷看護学分野

    高張性脱水は水分や塩分の喪失で生じる血清浸透圧の上昇である.高齢者は脱水に陥りやすいが,地域における有病率の報告は少ない.本研究は在宅療養高齢者における高張性脱水の有病率を明らかにすることを目的とした.方法:在宅療養高齢者33人を対象に横断的観察研究を行い,基本属性のほか,認知機能や血液データなどを調査した.結果:研究対象者は84±6歳で,72.7%が女性だった.血清浸透圧は22人(66.7%)が291mOsm/L以上であり,急性脱水のエピソードはなかった.脱水の有無に対する症状の感度と特異度は,77.3%と18.2%であった.認知機能は血清浸透圧と逆相関し,水分摂取量は要介護度で異なっていた.結論:在宅療養高齢者における高張性脱水の高い有病率が明らかになり,慢性脱水の存在が示唆された.認知機能や身体機能が比較的保たれた高齢者では,脱水のリスクが看過される可能性が考えられた.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      脱水というと暑熱環境下での急激な水分の喪失や熱中症が想起されるが,高齢者では寒冷期においても知らぬ間に症状もなく陥る慢性脱水が蔓延しているといわれており,今後の看護理工学的取り組みが期待される.本研究はそうした慢性脱水への取り組みの基盤を形成するものである.
    2. この研究が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      本研究から,秋季でも在宅療養高齢者の約6割が慢性脱水あるいはそのリスク状態にあることが明らかにされ,早急な取り組みの必要性が示された.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか?
      身体症状に乏しい慢性脱水の早期同定方法の開発が喫緊の課題である.また,急性脱水とは異なる慢性脱水の病態解明も望まれる.
    血清浸透圧,在宅高齢者,認知機能障害,慢性脱水
    A pilot epidemiological study on chronic dehydration of older adults in home care setting
    Shiho Higashimura 1 Nao Tamai 1,2 Gojiro Nakagami 1,3 Hiromi Tobe 1 Hiromi Sanada 1,3
    1. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. Department of Imaging Nursing Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

    Background: Dehydration is caused by water and salt loss in the body, resulting in elevated serum osmolality (SOsm). Older adults are susceptible to dehydration because of age-related alterations, however, the prevalence is not well documented in community. This study aimed to investigate the prevalence of dehydration among older adults in a home care setting in Japan. Methods: A cross-sectional observational study was conducted in 33 older adults. Age, sex, Nursing Need Level, cognitive function, water intake, body mass index, vital signs, dehydration signs/symptoms and a blood test result were obtained. SOsm was used to identify dehydration (291≦SOsm<300 mOsm/L: Impending dehydration, 300≦SOsm: Dehydration). Results: The mean participant age was 84±6 years old, with 24 women (72.7%). Twenty-two participants (66.7%) had SOsm of 291 mOsm/L or more and no acute episodes of dehydration. Sensitivity and specificity of the signs and symptoms was 77.3% and 18.2%, respectively. Cognitive function was inversely correlated with SOsm and water intake was varied between the Nursing Need Levels. Conclusions: There was a high prevalence of dehydration among the older adults in home care setting. The dehydrated condition might have been proceeding chronically. The risk of dehydration could be overlooked in the persons with comparatively better cognitive and physical functions in the home care setting.

    cognitive impairment, community-dwelling older adults, dehydration, serum osmolality
  • (英文論文)
    Reducing effects of dressing materials on pressure and shear force for preventing heel pressure injury: An experimental study using three-axis tactile sensor
    (踵部褥瘡予防におけるドレッシング材の圧力およびせん断応力の低減効果:3軸触覚センサーを用いた実験的研究)
    日本語抄録 Engish Abstract
    踵部褥瘡予防におけるドレッシング材の圧力およびせん断応力の低減効果:3軸触覚センサーを用いた実験的研究
    光田 益士 1 室岡 陽子 2 相馬 紳吾 3 小野 大 4 須釜 淳子 1 根本 秀美 3
    1. 藤田医科大学保健衛生学部社会実装看護創成研究センター
    2. 東京慈恵会医科大学医学部看護学科
    3. アルケア株式会社マーケティング部
    4. アルケア株式会社医工学研究所

    本研究では3種類のドレッシング材を用いた頭側挙上での踵部の圧力およびせん断応力の軽減効果を比較した.合計26名の健常ボランティアが本研究に参加した.3軸触覚センサーを踵に直接貼り付けたあと,フィルムドレッシング,低摩擦外層ハイドロコロイドドレッシング(LFHドレッシング),および多層シリコーンフォームドレッシング(MSFドレッシング)で覆った.頭側挙上の角度0度,30度,45度,および60度において,センサーによる圧力とせん断応力を計測した.LFHおよびMSFドレッシングは頭側挙上の各角度において,圧力とせん断応力は同等であったが,フィルムドレッシングでは高かった(p<0.05).圧力に対する垂直せん断応力の相対値は,フィルムドレッシングは1.7であるのに対し,LFHおよびMSFドレッシングでは1.0であった.LFHおよびMSFドレッシングはフィルムドレッシングと比較して頭側挙上時の圧力およびせん断応力を軽減し,踵部褥瘡の予防に利用可能と考えられた.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?
      多くの症例で褥瘡は予防可能であるにもかかわらず,褥瘡発生による多くの身体的・精神的負担がいまだに存在している.

      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか?
      踵への予防的ドレッシング材の使用は有用であるが,力(圧力,摩擦力,ずれ力)の低減に関する評価系は十分報告されていない.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?
      本研究成果は,頭側挙上時に踵に発生する力の定量化と褥瘡予防のケア手法の確立に貢献できる.

      将来的に貢献できることは何か?
      基礎研究において,今後は力の方向性や大きさをより詳細に定量化・可視化する技術開発が求められる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか?
      臨床研究において,今後は踵の褥瘡予防に関する適切な予防的ドレッシング材の選択と使用方法の確立が求められる.
    圧力,せん断応力,センサー,踵部褥瘡,予防
    Reducing effects of dressing materials on pressure and shear force for preventing heel pressure injury: An experimental study using three-axis tactile sensor
    Masushi Kohta 1 Yoko Murooka 2 Shingo Soma 3 Dai Ono 4 Junko Sugama 1 Hidemi Nemoto 3
    1. Research Center for Implementation Nursing Science Initiative, School of Health Sciences, Fujita Health University
    2. School of Nursing, The Jikei University School of Medicine
    3. Department of Marketing, ALCARE Co., Ltd.
    4. Medical Engineering Laboratory, ALCARE Co., Ltd.

    This study aimed to compare the effect of three types of dressings on enhancing heel pressure and shear force reduction at elevating head-of-bed angles at a spine position. A total of 26 healthy volunteers participated. A three-axis tactile sensor was directly applied on the interface of the heel and then covered with the following three dressings: film dressing (as a control), low frictional outer layered hydrocolloid dressing (LFH dressing), and multilayered silicone foam dressing (MSF dressing). The interface pressure and shear force were measured by the sensor at 0, 30, 45, and 60 degrees of the elevated head-of-bed angle. The pressure and shear force in all axis directions in the LFH dressing was equivalent compared with those in the MSF dressing, while those in the film dressing reached to be higher (p<0.05). The relative value of vertical shear force to pressure for the LFH and MSF dressings was approximately 1.0, while that in the film dressing was 1.7. In conclusion, the LFH and MSF dressings reduced pressure and shear forces at head-of-bed elevation, compared with the film dressing, and were considered available for preventing heel pressure injury.

    pressure, shear force, sensor, heel pressure injury, prevention
  • (英文論文)
    Pilot study of a prototype for visualizing veins using near-infrared light to improve peripheral intravenous access capabilities
    (近赤外光を使用した末梢静脈可視化試作機の予備的性能評価)
    日本語抄録 Engish Abstract
    近赤外光を使用した末梢静脈可視化試作機の予備的性能評価
    木森 佳子 1 古市 佑哉 2 石本 佑 3 久保 守 4 佐藤 賢二 5
    1. 石川県立看護大学基礎看護学講座
    2. 富士通株式会社ソーシャルデザイン事業本部
    3. 金沢大学理工学域
    4. 金沢大学理工研究域フロンティア工学系
    5. 金沢大学理工研究域生命理工学系

    本研究の目的は,末梢静脈可視化装置の操作性能と可視化性能を,近赤外光の反射光を使用したPCタブレットモニターディスプレイタイプの試作機で評価することである.試作機の操作性能は,看護師が試作機を用いた模擬的な静脈穿刺の実施後に行った半構造化面接の内容を分析し,評価した.静脈可視化性能は,目視困難な静脈28本に試作機を用い,タブレットモニターの静脈画像で主観的に静脈目視の可否を判断した.試作機の操作性能は,モニターの静脈画像を観察しながら,実際の前腕部で穿刺部位を選択するのに時間がかかる【穿刺部位の選択】が問題だった.目視困難静脈28本を試作機で撮影した静脈画像のうち,可視化静脈は12本で可視化率は42.9%だった.非可視化静脈の平均深度は3.8mm(±1.6mm),可視化静脈は2.5mm(±0.9mm)で,非可視化静脈のほうが深く(p<0.001),そのカットオフ値は3.0mm-3.3mmだった(AUC=0.987,p=0.040).試作機は,深度3.0mm以上の静脈を可視化する改善が必要である.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか? 研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか?
      近赤外光による末梢静脈を可視化する既存機器はあるが,臨床で使用する操作性能は不足していること.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か?
      現在の静脈穿刺技術を妨げず,ベッドサイドで容易に使える装置と静脈画像の画質の進展に貢献できる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか?
      機器の操作性には穿刺部位を選択する静脈画像の画質を向上させる技術が必要である.
    末梢静脈穿刺,目視困難静脈,近赤外光,可視化技術,静脈画像
    Pilot study of a prototype for visualizing veins using near-infrared light to improve peripheral intravenous access capabilities
    Keiko Kimori 1 Yuya Furuichi 2 Yu Ishimoto 3 Mamoru Kubo 4 Kenji Satou 5
    1. Department of Fundamental Nursing, Ishikawa Prefectural Nursing University
    2. Social Design, Fujitsu Limited
    3. College of Science and Engineering, Kanazawa University
    4. Faculty of Frontier Engineering, Institute of Science and Engineering, Kanazawa University
    5. Faculty of Biological Science and Technology, Institute of Science and Engineering, Kanazawa University

    This pilot study evaluated the operability and visualization capabilities of a prototype that uses near-infrared light reflection to visualize peripheral veins. Nurses evaluated the prototypes to perform peripheral venous access using a covered needle. We investigated 28 invisible veins in healthy volunteers, and the diameters and depths of the veins were measured using ultrasound. Qualitative operability data were obtained from interviews. Quantitative visualization capability data regarding the near-infrared light vascular images produced by the prototype were collected using the Likert scale. We obtained two results: 1) According to the interviewed nurses, the prototype with a personal tablet display near a participant’s arm was easier to operate for the simulation of a blood sampling, and 2) the successful visualization rate for invisible veins using the prototype with the tablet display was 42.9%. The nonvisualized veins were deeper than the visualized veins. The vein depth cut-off ranged from 3.0 to 3.3 mm for nonvisualized and visualized veins (AUC=0.987). Our results indicate that the vein visualization device needs to be developed based on a tablet display type located near a participant’s arm, and it is necessary to visualize invisible veins with a depth of 3 mm or more.

    venipuncture, invisible vein, near-infrared light, visualization, vascular image

速 報

  • (英文論文)Relationship between Lyapunov exponent of heart rate variability, blood pressure and autonomic nervous indices(心拍変動のリアプノフ指数と血圧および自律神経指標との関係)
    日本語抄録 Engish Abstract
    心拍変動のリアプノフ指数と血圧および自律神経指標との関係
    浅野 美礼 1
    1. 筑波大学医学医療系

    30歳未満の健康な若年者と65歳以上の健康な高齢者に安静状態から起立してもらい,そのときの心電図と血圧を1kHzで測定した.心電図R-R間隔(RRI)をリサンプリングした関数よりリアプノフ指数を計算し,またアトラクターを描画して心拍変動の特徴の把握を試みた.その結果,リアプノフ指数については若年者より高齢者のほうが低かった.また,両方の年齢層で,RRIと血圧が低下するとリアプノフ指数が低下した.ただし,リアプノフ指数はRRI,血圧,既知の自律神経指標のいずれとも有意な相関がみられなかった.描画されたアトラクターについては,単純な三項間漸化式で記述される線形モデルを設定し,心拍変動の揺らぎが自己の直近2点の履歴によって決まるものと解釈した.心拍変動から得られるリアプノフ指数は,血圧や自律神経活動とは独立した,遠隔看護にも活用可能な循環動態の指標になりうると考えられた.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      短時間の心拍変動のモニタリングから有用な指標が得られないかと考えて発想した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      心電図モニタリングから刻々と変化する循環動態やストレスの変調をとらえられるようになると期待している.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      ウェアラブルデバイスでの活用に向け,脈波からR-R間隔を精密に推定できる技術が必要である.
    心電図,アトラクター,遠隔看護,高齢者
    Relationship between Lyapunov exponent of heart rate variability, blood pressure and autonomic nervous indices
    Yoshihiro Asano 1
    1. Faculty of Medicine, University of Tsukuba

    In this study, the Lyapunov exponent (LE) of heart rate variability (HRV) is investigated for feasibility as an index of hemodynamics. In a previous study, we calculated the HRV and evaluated blood pressure fluctuations via the autonomic nervous activity during standing. Herein, we examine the LE of HRV using resampled electrocardiogram (ECG) R-R interval (RRI) data. ECG and blood pressure measurements were obtained from healthy young (<30 years) and older (〓65 years) subjects during rest-to-stand motion experiments. The LE calculated from HRV measurements were lower in older participants than young participants. In both age groups, the LE decreased when the RRI and blood pressure decreased. However, the LE was not significantly correlated with either the RRI or blood pressure. Further, the LE was not significantly correlated with the indices of autonomic nervous system activity. Thus, the LE could be used as an independent index to monitor fluctuations in circulatory dynamics. We believe that this preliminary work will be of use in developing medical applications using the LE for telemedicine and home nursing.

    electrocardiogram, attractor, telenursing, gerontology

実践報告

  • 体圧分散マットレスの圧再分配機能評価法の開発
    日本語抄録 Engish Abstract
    体圧分散マットレスの圧再分配機能評価法の開発:ウレタンフォームマットレスの変形を可視化する磁気共鳴画像撮像法の検討
    熊谷 あゆ美 1 大野 直樹 2 須釜 淳子 3
    1. 福井県立大学看護福祉学部看護学科
    2. 金沢大学医薬保健研究域保健学系
    3. 藤田医科大学保健衛生学部社会実装看護創成研究センター

    腹臥位手術中の褥瘡予防としてウレタンフォームマットレスを使用する.この圧再分配機能にはマットレスの沈み込みが影響するが,腹臥位中の腸骨部の皮膚の沈み込みについて明らかにした報告はない.研究者らは腹臥位で使用中のマットレスの変形具合を磁気共鳴画像で可視化することを着想した.しかし,磁気共鳴画像はその撮像原理から生体の撮像はできるが,マットレスを撮像することはできない.そのため,新たにマットレスの体圧分散効果に影響なく撮像できる方法を考案した.その結果,10mMの造影剤を注入した内径6mmの耐油ビニールチューブをマットレスの4辺に固定することにより,マットレスの形状を点で確認することができた.また,マットレスの変形を撮像することができた.今後,本手法を用いて褥瘡予防に有効なマットレスの硬さを明らかにできることが期待される.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      病棟とくらべて手術室の褥瘡発生率は高い.そのため,褥瘡予防に有効な体圧分散マットレスの検討が必要と考えた.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      マットレスの変形の可視化により,褥瘡予防に有効なマットレスの硬さを明らかにすることができる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      マットレスの変形から,体圧分布を推測できるような技術が必要になる.
    Development of evaluation method of pressure redistribution function of pressure distribution mattress: Examination of magnetic resonance image method for visualizing deformation of urethane foam mattress
    Ayumi Kumagai 1 Naoki Ohno 2 Junko Sugama 3
    1. Faculty of Nursing and Social Welfare Sciences, Fukui Prefectural University
    2. Faculty of Health Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical and Health Sciences, Kanazawa University
    3. Research Center for Implementation Nursing Science Initiative, School of Health Sciences, Fujita Health University

  • 施設入所高齢者の自立度別栄養状態の実態と舌圧・身体計測値の栄養評価指標としての活用可能性
    日本語抄録 Engish Abstract
    施設入所高齢者の自立度別栄養状態の実態と舌圧・身体計測値の栄養評価指標としての活用可能性
    竹山 ゆみ子 1,2 永松 有紀 3 藤内 美保 4
    1. 宮崎大学医学部看護学科
    2. 大分県立看護科学大学大学院博士後期課程
    3. 産業医科大学産業保健学部看護学科
    4. 大分県立看護科学大学基礎看護科学講座

    介護老人保健施設(以下,老健と記す)に入所している高齢者の自立度別の栄養状態の実態を,舌圧・身体計測値から明らかにし,舌圧・身体計測値が栄養状態の客観的評価項目としての活用できるかを検証することを目的とした.【方法】老健の入所高齢者42名,平均年齢86.6(±15.47)歳を対象に,舌圧測定・身体計測を実施した.分析はSpearmanの順位相関係数,Kruskal Wallis検定,Steel Dwass検定を行った.【結果】自立度と栄養状態の関係は,要介護1が要介護4・5にくらべて,上腕筋囲長(Midarm Muscle Circumferenceama:AMC)と上腕筋面積(Midarm Muscle Area:AMA)で良好な値を示していた.また,上腕周囲長(Midarm Circumference:AC)・上腕三頭筋皮下脂肪厚(Triceps Skinfold Thickness:TSF)・下腿周囲長(Calf Circumference:CC),AMC,AMAは,血液検査値と弱い正の相関がみられた.しかし,舌圧と食事摂取量は血液検査値との関連はなかった.【結論】老健の入所高齢者は,自立度に関係なく低栄養状態リスクの可能性が高いことが示唆された.また,老健では血液検査値に代わる栄養評価指標として,AC・TSF・CC・AMC・AMAが活用できる可能性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      入所高齢者の栄養評価指標として舌圧・身体計測値はどの程度活用できるのか.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      日常ケアのなかで活用することで,高齢者の栄養ケア・マネジメントの早期介入が行える可能性がある.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      高齢者施設に従事する職員の日常業務での活用可能性の検証と,さらに簡便な栄養評価指標の検討を行う.
    Nutritional status associated with independence level of older adults in the Geriatric Health Service Facility in Japan and feasibilities of tongue pressure and physical measurement as objective nutritional indices
    Yumiko Takeyama 1,2 Yuki Nagamatsu 3 Miho Tonai 4
    1. Adult-Gerontological Nursing, School of Nursing, Faculty of Medicine, University of Miyazaki
    2. PhD, student, Oita University of Nursing and Health Sciences
    3. Department of School of Health Science, University of Occupational and Environmental Health
    4. Clinical practicum-Fundamental Nursing, Oita University of Nursing and Health Sciences