看護理工学会

学会誌

更新日 2023年1月31日

看護理工学会誌 J-STAGE (Online ISSN : 2432-6283)

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jnse/-char/ja/

お知らせ

看護理工学会誌では新たに迅速査読制度の運用を開始しました。
学生会員の学位取得や、日本学術振興会の特別研究員への応募を支援するために、投稿を受理してからおおむね2週間以内に査読結果を通知いたします。また、迅速査読の申し込みに当たり、追加料金は発生しません。
なお、詳細は2021年9月26日改定の投稿規定をご覧ください。

看護理工学会誌10巻を発行しました。(2022/11/30)

看護理工学会誌9巻Supplement号(特集号)を発行しました。(2022/09/30)

J-Stageでのパスワード等の入力が不要になりました。また、どなたでもすぐに論文全文を読めるようになりましたので、論文を投稿される方におかれましても、研究成果の一般公開のタイムラグがなくなりました。これを機に是非ご投稿ください。(2019/1/31)

看護理工学会誌は第6巻より電子版のみ(J-Stage)発刊されます。(2018-09-08)

投稿について

看護理工学会では、皆様からのご投稿をお待ちしています。

投稿規定等

看護理工学会誌 最新論文

原 著

  • 誤嚥性肺炎発症を唾液タンパク質から検知することを目標とした,頬粘膜唾液タンパク質採取手法の検討とプロテオミクス解析による評価
    日本語抄録 Engish Abstract
    誤嚥性肺炎発症を唾液タンパク質から検知することを目標とした,頬粘膜唾液タンパク質採取手法の検討とプロテオミクス解析による評価
    遠藤 真穂 1,2 小倉 康平 3 大貝 和裕 4 岡本 成史 3 真田 弘美 5 須釜 淳子 6
    1. 金沢大学大学院新学術創成研究科融合科学共同専攻
    2. 藤田医科大学病院看護部
    3. 金沢大学新学術創成研究機構
    4. 金沢大学医薬保健研究域附属AIホスピタル・マクロシグナルダイナミクス研究開発センター
    5. 石川県立看護大学
    6. 藤田医科大学研究推進本部社会実装看護創成研究センター

    高齢者のおもな死因の1つである誤嚥性肺炎は,感染初期は肺炎症状が乏しいため,早期発見がむずかしい疾患である.われわれは,誤嚥性肺炎の発症兆候を口腔内の試料から客観的に検知する手法の開発を目指している.その第一段階として,本研究では頬粘膜から唾液タンパク質を採取するための条件(採取に用いる物品の種類,擦過方法ならびに回数,保湿剤使用の影響)を検討した.その結果,口腔ケア用スポンジブラシを用いて頬粘膜部の奥から前方向へ10回擦過する方法が最適であると考えられた.保湿剤は,サンプル採取後の使用が好ましいことが示された.つぎに,本手法の有用性を検証するため,サンプルをLC-MS/MSに供した.その結果,データベース上に登録されている唾液タンパク質の半数以上が検出され,唾液中に多く存在するα-amylaseやIgAなどが含まれたことから,本手法により唾液タンパク質を解析することが可能であることが確認できた.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      誤嚥性肺炎を早期にかつ非侵襲的に検出できるマーカーを口腔内から探索するための第一段階として,口腔サンプルを採取する方法について解析しました.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      本研究から導き出された手法を用いて口腔サンプルを採取し,誤嚥性肺炎発症マーカーを見つけ出すことで,早期発見が可能になることが期待されます.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      看護・介護の場での使用のためには,誤嚥性肺炎発症マーカーを検出するPOCT機器などを開発する必要があります.
    誤嚥性肺炎,唾液タンパク質,頬粘膜,口腔ケアスポンジ,プロテオミクス
    Investigation of buccal mucosa salivary protein collection methods from salivary proteins and evaluation by proteomic analysis with the goal of detecting the development of aspiration pneumonia
    Maho Endo 1,2 Kohei Ogura 3 Kazuhiro Ogai 4 Shigefumi Okamoto 3 Hiromi Sanada 5 Junko Sugama 6
    1. Division of Transdisciplinary Sciences, Graduate School of Frontier Science Initiative, Kanazawa University
    2. Nursing Department, Fujita Health University Hospital
    3. Institute for Frontier Science Initiative, Kanazawa University
    4. AI Hospital/Macro Signal Dynamics Research and Development Center, Institute of Medical, Pharmaceutical and Health Sciences, Kanazawa University
    5. Ishikawa Prefectural Nursing University
    6. Research Center for Implementation Nursing Science Initiative, Innovation Promotion Division, Fujita Health University

    Aspiration pneumonia (AP), one of the major causes of death in the older people, does not accompany typical symptoms of pneumonia in the early stages of onset. This characteristic makes AP difficult to detect and treat early. We have been engaging in development of biomarkers for the detection and focusing on salivary proteins, which contains various immune-related proteins. Because spitting out saliva is often difficult for older people, in this present study we report the optimized method to collect saliva proteins from buccal mucosa. First, we compared types of oral care products, optimized scrubbing method and number of times to scrub, and tested the effects of moisturizer. Our results showed that the best method was to use a sponge brush and rub the buccal mucosa from the back to the front 10 times. Next, we examined whether our method could collect the immune-related saliva proteins by shotgun proteomics using LC-MS/MS. Of the 2,758 salivary proteins registered in the database, 1,732 were detected including α-amylase and IgA, showing that this method is applicable.

    aspiration pneumonia, salivary proteins, buccal mucosa, oral care sponge, proteomics
  • (英文論文)Effect of a UV-free, carbon-arc phototherapy on eczema of a 3-year-old child:
    a single-case experimental study
    (6歳児の皮膚炎に対する非紫外線カーボンアーク灯可視光線療法の効果:シングルケース実験研究)
    日本語抄録 Engish Abstract
    3歳児の皮膚炎に対する非紫外線カーボンアーク灯可視光線療法の効果:シングルケース実験研究
    戸部 浩美 1 玉井 奈緒 1,3 麦田 裕子 4 中井 彩乃 1,5 永田 みさ子 2,6 峰松 健夫 1,7,8 真田 弘美 1,4,6,8
    1. 東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター
    2. 東京大学大学院医学系研究科社会連携講座イメージング看護学分野
    3. 横浜市立大学医学研究科看護学専攻
    4. 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻老年看護学/創傷看護学分野
    5. 藤田医科大学保健医療学部基礎・統合看護学分野
    6. 次世代看護教育研究所
    7. 東京大学大学院医学系研究科社会連携講座スキンケアサイエンス
    8. 石川県立看護大学

    背景:小児湿疹に対し,紫外線光線療法を長期間行うことは有害である.本研究の目的は紫外線を含まない可視光線療法の小児湿疹への効果を検討することである.方法:シングルケース実験デザイン研究.3週間の非照射期間のあと,30分間の光線療法を週3回,5週間行った.評価項目は,Patient-Oriented Eczema Measure(POEM),経表皮水分蒸散量(TEWL),皮膚表面水分量,pH,TSLP,IL-4,IL-13とした.結果:症例は中等度の湿疹を有する3歳男児で,10ヵ月間の治療を経ても悪化していた.照射・非照射期間を比較しPOEMは臨床的に有意に低下していた.炎症部のTEWLも低下傾向を示した.結論:紫外線を含まない可視光線療法により,かゆみが改善したことで,掻き動作やそれに伴う出血が軽減した.このことから,本療法が小児湿疹の改善に一定の効果をもたらす可能性が示唆された.今後は客観的指標による皮膚バリア機能の改善効果を検証する必要がある.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      小児患者と家族のQOLを低下させる皮膚炎への非紫外線光線療法のエビデンスを構築したいと考えた.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      副作用のない非紫外線光線療法は看護・介護ケアの選択肢として,患者や家族の負担や不安が軽減できる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      非紫外線療法の機序を解明することと,その効果をより客観的に証明する技術が必要である.
    湿疹,可視光線療法,シングルケース実験デザイン,スキンブロッティング,経表皮水分蒸散量
    Effect of a UV-free, carbon-arc phototherapy on eczema of a 3-year-old child: A single-case experimental study
    Hiromi Tobe 1 Nao Tamai 1,3 Yuko Mugita 4 Ayano Nakai 1,5 Misako Nagata 2,6 Takeo Minematsu 1,7,8 Hiromi Sanada 1,4,6,8
    1. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. Department of Imaging Nursing Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Nursing, Graduate School of Medicine, Yokohama City University
    4. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    5. Faculty of Nursing, School of Health Sciences, Fujita Health University
    6. Research Institute of Next Generation Nursing Education
    7. Department of Skincare Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    8. Ishikawa Prefectural Nursing University

    Background: Ultraviolet (UV) radiation phototherapy is used for the management of common skin diseases. However, UV radiation phototherapy has side effects and its long-term use may harm children. This study aimed to investigate the effect of UV-free carbon-arc visible-light phototherapy in children with eczema in Japan. Methods: A single-case experimental design involving a 3-year-old child was used. After three weeks of the no-irradiation phase, 30-min of phototherapy was applied three times weekly for five weeks. Outcome measures were mother-reported Patient-Oriented Eczema Measure (POEM) and skin condition (transepidermal water loss (TEWL), capacitance, pH, TSLP, IL-4, and IL-13). Results: The patient was a 3-year-old boy with moderate eczema, which continued to relapse for 10 months, even with antiallergic agents and topical emollients. The POEM scores showed a clinically significant decrease during the phototherapy phase compared to those in the no-irradiation phase. The TEWL at eczematous sites also showed a decreasing trend. Conclusions: This finding suggests that UV-free visible phototherapy may alleviate eczema in children by decreasing itching, scratching, and bleeding. Further research with a longer period is warranted to investigate the effect of improving skin barrier function with objective assessment.

    dermatitis, UV-free phototherapy, single-case experimental design, skin blotting, transepidermal water loss

速報

  • 口腔ケア教育のためのモデル換装が可能な口腔ケアシミュレータ
    日本語抄録 Engish Abstract
    口腔ケア教育のためのモデル換装が可能な口腔ケアシミュレータ
    松野 孝博 1 三谷 篤史 2 平井 慎一 1
    1. 立命館大学理工学部ロボティクス学科
    2. 札幌市立大学デザイン学部人間情報デザインコース

    本稿では,歯茎モデルと計測用センサの着脱が可能な口腔ケアシミュレータを提案した.ねじり操作だけでモデルの交換が可能な接合パーツを構築し,歯茎モデルと接合パーツが一体形状となったモデルを設計した.モデルはオーバーハング部分の傾斜がすべて45°以上で設計されているため,一般的なFDM(fused deposition modeling)方式の3Dプリンタでサポート材を使用せずに出力することができる.さらに本稿では,人工プラークを用いた練習方法に対応した表面加工方法について検証した.また,接合パーツのみを出力して既存のモデルに設置することで,市販の歯茎モデルなどを使用する方法についても示した.提案するシミュレータではモデルの交換が容易なため,さまざまな形状や疾患の歯茎について練習でき,計測用センサを複数人の練習者で共有することも可能である.試作機を用いた検証実験より,さまざまなモデルに対しブラシの接触位置,法線力,接線力をリアルタイムで計測できることを確認した.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      センシングが可能な口腔ケアシミュレータを,教育に導入するうえで生じるコストの問題に着目している.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      センシングが可能な口腔ケアシミュレータを用いた,多人数を対象とした口腔ケア教育が実現できると考えられる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      実際の看護・介護教育現場での実証実験が必要である.
    Model-replaceable oral care simulator for oral care education
    Takahiro Matsuno 1 Atsushi Mitani 2 Shinichi Hirai 1
    1. Department of Robotics, Ritsumeikan University
    2. Course of Communication Design for Human Life, School of Design, Sapporo City University

    In this paper, we proposed a measurable oral care simulator that can be easily attached and detached the gum model and measurement sensor. We proposed joint parts that can be attached and detached only by twisting, and designed a model which the gum model and the joint part are integrated. Since the model is designed with the overhang part tilted at 45 degree or more, it can be printed with a general FDM (fused deposition modeling) 3D printer without using support structures. Furthermore, in this paper, we validated the surface processing of the gum model for the training using artificial plaque. We also presented the joint part for a commercial gum model. In the proposed simulator, models can be easily exchanged, therefore, it can practice with gum models that simulated various shapes and diseases gums. It is also possible to share a measurement sensor with multiple persons to practice. The prototype of the proposed simulator was fabricated. It was confirmed that the contact position, normal force, and tangential force of the brush can be measured in real time for various gum models.

    oral care simulator, nursing education, force sensor

実践報告

  • Brain state discrimination based on near-infrared spectroscopy of prefrontal cortical region in patients with severe physical impairment
    (重度肢体不自由者を対象とした前頭前皮質領域の近赤外分光法に基づく脳活動状態判別)
    日本語抄録 Engish Abstract
    弾重度肢体不自由者を対象とした前頭前皮質領域の近赤外分光法に基づく脳活動状態判別
    増尾 明 1,2 阿部 信美 2 佐久間 拓人 1 加藤 昇平 1
    1. 名古屋工業大学大学院工学研究科
    2. 名古屋医健スポーツ専門学校

    重度肢体不自由を呈する神経疾患患者にとって,意思を表出する手段の確保は非常に重要である.本研究は,事例研究による前頭前皮質を関心領域とした光トポグラフィーに基づく脳活動状態の判別性能の調査を目的とした.意思疎通能力が残存する神経疾患患者3名を対象に,安静状態および暗算遂行状態の脳活動を近赤外分光法にて計測した.取得した生体信号から統計量に基づく特徴量を抽出し,機械学習手法を用いて脳活動状態を判別した.判別モデルによる予測の正答数は,参加者Aが36回中30回(p< .01),Bが24回中18回(p< .05),Cが60回中48回(p< .01)であり,偶然確率との正確二項検定でいずれも有意差を認めた.以上から,脳活動状態と意思との対応を規定することで,脳活動状態に基づき意思を表出するBrain-Computer Interfaceへ応用できる可能性が示唆された.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      光トポグラフィーを用いて神経難病患者の脳活動状態を判別可能か事例研究によって調査することをテーマとしている.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      重度運動機能障害によって意思表出の手段を絶たれた患者のコミュニケーションへの応用が期待できる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      年齢や病状の変化によって生じる生体信号変動を考慮した頑健性の高いシステム構築が必要である.
    Brain state discrimination based on near-infrared spectroscopy of prefrontal cortical region in patients with severe physical impairment
    Akira Masuo 1,2 Nobumi Abe 2 Takuto Sakuma 1 Shohei Kato 1
    1. Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    2. Nagoya College of Medical Health and Sports

    Neurological patients with severe physical impairment require a means of expressing their intentions. Using a case study, we aimed to examine the discriminative performance of brain states based on optical topography, with the prefrontal cortex as the region of interest. Brain activity in three neurological patients with residual ability to communicate was measured using near-infrared spectroscopy in the resting state and the state of performing mental arithmetic. Statistical-based features were extracted from the acquired physiological signals, and brain states were classified using machine-learning methods. The number of correct predictions by the discriminant model was 30 out of 36 for participant A (p< .01), 18 out of 24 for participant B (p< .05), and 48 out of 60 for participant C (p< .01), all of which were significantly different from the results of the exact binomial test with chance probability. These results suggest that the brain-computer interface can be applied to communication based on brain activity by defining a correspondence between brain state and intention.