看護理工学会

The Society for Nursing Science and Engineering

看護理工学会誌 9巻

原 著

  • (英文論文)Establishment of an infected wound model by bacterial inoculation on wound surface in rats(創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの確立)
    日本語抄録 Engish Abstract
    創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの確立
    北村 言 1 仲上豪二朗 1, 2 峰松健夫 2, 3 國光真生 1, 4 真田弘美 1, 2
    1. 東京大学医学系研究科老年看護学/創傷看護学分野
    2. 東京大学医学系研究科グローバルナーシングリサーチセンター
    3. 東京大学医学系研究科社会連携講座スキンケアサイエンス
    4. 日本学術振興会特別研究員(DC)

    本研究は,創表面への細菌接種によるラット創感染モデルの作成を目的とした.雄性SDラット(6ヵ月齢)の背部に直径2cmの全層欠損創を作製した.創作製翌日,緑膿菌(PAO1)懸濁液(OD600=1.0)に浸漬し37℃で1.5時間静置培養した滅菌ガーゼを創面に72時間貼付した.対照群には滅菌培地に浸漬したガーゼを創面に貼付した.創作製6日後に創部組織を採取した.感染群では,創作製6日後に,創周囲皮膚に発赤を認めた.細菌ガーゼ塗布前の創面積を1とした相対面積は,対照群にくらべ感染群で有意に大きかった(0.8±0.1 vs 0.6±0.1,p=0.011).ミエロペルオキシダーゼは,対照群にくらべ感染群で多く認められた.免疫組織化学では,感染群で緑膿菌が創部組織内に検出された.以上より,臨床における感染創傷を模したモデルと言える.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      仙骨部や尾骨部に好発する褥瘡では,創部が排泄物で汚染され感染を引き起こすことがある.本研究は,創面への細菌の接触により感染を惹起させたラット創傷感染モデルを確立した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      本研究では,従来の感染モデルで用いられている創部への細菌液の注射や免疫抑制など創傷治癒を阻害しうる方法を用いずに,創面への細菌の接触というシンプルな方法で壊死組織を伴う感染創を作成した.本モデルは,創傷感染に対する治療・ケアの効果の検証に用いることが可能であり,創傷管理の研究に貢献しうる.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      本モデルを用いて,新たな創傷ケアやドレッシング材の評価研究を行う.
    細菌,感染,創傷モデル,緑膿菌
    Establishment of an infected wound model by bacterial inoculation on wound surface in rats
    Aya Kitamura 1 Gojiro Nakagami 1, 2 Takeo Minematsu 2, 3 Mao Kunimitsu 1, 4 Hiromi Sanada 1, 2
    1. Department of Gerontological Nursing/Wound Care Management, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    2. Global Nursing Research Center, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    3. Department of Skincare Science, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
    4. Japan Society for the Promotion of Science

    This study aimed to develop a new infected wound model caused by bacterial inoculation on wound surface in rats. A full-thickness wound was created on the dorsal skin of six-month-old male Sprague-Dawley rats. A piece of gauze was incubated with bacterial solution (a wild-type strain of Pseudomonas aeruginosa, OD600=1.0) for 1.5 h prior to application, for 72 h onto the wound surface on post-wounding day 1. A piece of gauze was incubated without bacteria for control group. The wound tissue was collected on post-wounding day 6. Macroscopic observation showed erythema in the periwound skin in the infection group on post-wounding day 6. The relative wound area to the baseline value of the infection group was significantly larger than that of the control group on post-wounding day 6 (0.8±0.1 vs 0.6±0.1, p=0.011). Myeloperoxidase was abundant in the infection group compared with the control group. P. aeruginosa was detected inside the wounds in the infected group via immunohistochemistry. Our new infected wound model can mimic a clinical cutaneous infected wound.

    bacteria, infection, Pseudomonas aeruginosa, wound model

速 報

  • (英文論文)Relationship between Lyapunov exponent of heart rate variability, blood pressure and autonomic nervous indices(心拍変動のリアプノフ指数と血圧および自律神経指標との関係)
    日本語抄録 Engish Abstract
    心拍変動のリアプノフ指数と血圧および自律神経指標との関係
    浅野 美礼 1
    1. 筑波大学医学医療系

    30歳未満の健康な若年者と65歳以上の健康な高齢者に安静状態から起立してもらい,そのときの心電図と血圧を1kHzで測定した.心電図R-R間隔(RRI)をリサンプリングした関数よりリアプノフ指数を計算し,またアトラクターを描画して心拍変動の特徴の把握を試みた.その結果,リアプノフ指数については若年者より高齢者のほうが低かった.また,両方の年齢層で,RRIと血圧が低下するとリアプノフ指数が低下した.ただし,リアプノフ指数はRRI,血圧,既知の自律神経指標のいずれとも有意な相関がみられなかった.描画されたアトラクターについては,単純な三項間漸化式で記述される線形モデルを設定し,心拍変動の揺らぎが自己の直近2点の履歴によって決まるものと解釈した.心拍変動から得られるリアプノフ指数は,血圧や自律神経活動とは独立した,遠隔看護にも活用可能な循環動態の指標になりうると考えられた.

    1. 今回の研究は看護・介護のどのような問題をテーマにしているのか?  
      研究を行うきっかけとなったことはどのようなことか? 
      短時間の心拍変動のモニタリングから有用な指標が得られないかと考えて発想した.
    2. この研究成果が看護・介護にどのように貢献できるのか?あるいは,将来的に貢献できることは何か? 
      心電図モニタリングから刻々と変化する循環動態やストレスの変調をとらえられるようになると期待している.
    3. 今後どのような技術が必要になるのか? 
      ウェアラブルデバイスでの活用に向け,脈波からR-R間隔を精密に推定できる技術が必要である.
    心電図,アトラクター,遠隔看護,高齢者
    Relationship between Lyapunov exponent of heart rate variability, blood pressure and autonomic nervous indices
    Yoshihiro Asano 1
    1. Faculty of Medicine, University of Tsukuba

    In this study, the Lyapunov exponent (LE) of heart rate variability (HRV) is investigated for feasibility as an index of hemodynamics. In a previous study, we calculated the HRV and evaluated blood pressure fluctuations via the autonomic nervous activity during standing. Herein, we examine the LE of HRV using resampled electrocardiogram (ECG) R-R interval (RRI) data. ECG and blood pressure measurements were obtained from healthy young (<30 years) and older (〓65 years) subjects during rest-to-stand motion experiments. The LE calculated from HRV measurements were lower in older participants than young participants. In both age groups, the LE decreased when the RRI and blood pressure decreased. However, the LE was not significantly correlated with either the RRI or blood pressure. Further, the LE was not significantly correlated with the indices of autonomic nervous system activity. Thus, the LE could be used as an independent index to monitor fluctuations in circulatory dynamics. We believe that this preliminary work will be of use in developing medical applications using the LE for telemedicine and home nursing.

    electrocardiogram, attractor, telenursing, gerontology